« 2019年12月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月19日 (水)

12-3)苦手とする曲調

◆2017年10月某日

調子はそれほど良くはありませんでしたが、「少女の頃に戻ったみたいに」の最高音5つの内、初めて3つクリアすることができました。なぜ、この曲の話題を出したかには理由があります。ZARDの曲にはそれぞれトレーニング要素を持っていますが「少女の~」は、特に難しいパートがあります。曲調は全体的にスローテンポで高域が長く続く部分もないため、難しい曲とは思われないのですが、結構強敵です。

まず、最高音はhiC(ド)で、それほど高くないのですが、その最高音が「戻った」の「どォ」、「やさしい」の「さァ」、「そっと」の「そォ」の部分であり、前回の記事で紹介したあの母音を含む言葉です。さらに、一例として「そっと」の部分の歌詞をもう少し広げてみると、「あァなァたァだァけァはァわァたァしィをォそォっとォ」となっています。ほぼ「ア」と「オ」の母音を含む歌詞で構成されているため歌い難く、息が出ていく量も多くなります。
加えて、徐々にキーが上がる曲は最高音も出しやすいのですが、低めの音から一気に最高音に到達させるような曲調は非常に発声が難しく、このような曲調は喉が上がると絶対に歌えません。喉を上げずに、言わば声を押し殺す感じの発声が必要になりますが、これを実現するには相当のトレーニングとその成果として、顎の周りの筋力が必要になります。

web拍手 by FC2

« 2019年12月 | トップページ | 2020年3月 »