カテゴリー「(043)小説No.1051~1075」の32件の記事

[No.1066-2]最後の雨

No.1066-2

「でも、こんなにしゃべったことなかったよね?」
「そう言われると・・・そうですね」

同じ部署でも、グループが違っていた。
だから、仕事上で繋がりは薄かった。

「それこそ“最後の最後に”って感じですね」
「ほんと、そうだよな」

これを“神様が与えてくれた”なんて1ミリも思っていない。
でも・・・。

「もう少しだけ、ここに居たら?ってことかもね」
「神様が気を遣ってくれたのかしら」

こんな会話が出来るところが彼女の魅力だ。
もちろん、お互い承知の上での会話だ。

「そうかもな」
「神様に感謝しなきゃ・・・ね!」

深い意味はないのは分かっている。
でも、どんな形であれ、別れはつらいものだ。

「・・・雨足が弱まってきたな」
「さすが、レーダーね」

晴れ間も見え始めてきた。

「どうする?」
「・・・そろそろ、行きますね!」

傘を広げ、一歩、足を踏み出す。

「じゃあ・・・お元気で!」
「はい!雨の日は私のことを思い出してくださいね」
S1066
(No.1066完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1066-1]最後の雨

No.1066-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
これを“粋な演出”と言って良いのか分からない。
けど、出会いと別れとは不思議なものだ。

「しばらく止みそうにないな」
「そうですね」

帰り間際に降り出した雨は激しさを増すばかりだった。
まさしく夏の夕立といった様相だ。

「ごめん!雨男なんだよ」
「それなら、私の方よ」

聞けば、彼女は雨女らしい。
雨男、雨女が揃った結果かもしれない、この雨は。

「完全に足止めをくらったな」
「これじゃ、傘があっても帰れないですね」

もちろん、無理をすれば帰れなくもない。
でも、この雨は“無理”をはるかに超えたレベルだ。

「だろうな、身の危険を感じるよ」
「確かに・・・」

とにかく、後、30分もすれば雨は止む。
そう雨雲レーダーが教えてくれていた。

「・・・いい思い出になった?」
「かもしれないですね」

彼女は今日、この職場を去る派遣さんだ。

「最後の最後でこうなるとは・・・」
「あなたのせい?」

二人で大笑いした後、しばらく雨音だけを聞いていた。

(No.1066-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1065-2]蘇るインスタン島

No.1065-2

太平洋に浮かぶ未開の島“インスタン島”・・・。
この島にはある伝説が残されていた。

伝説を確かめるべく訪れた探検家が行方不明になった。
彼を探しに送られた捜索隊も
「彼は生きている・・・でも絶対・・・ここに来てはいけない」
この無線を最後に消息不明になってしまう。
その後、何度も捜索隊を送るも誰一人戻ってこなかった。

それから十数年後・・・。
行方不明になった父を探しに、自らも探検家となった息子
がその島に上陸した瞬間にある重大な事実に気付いた。
「この島は生きている・・・」

島で何が起こっているのか、父は今でも生きているのか、
そしてある伝説とは・・・。

「・・・どう?」
「う~ん」

イマイチ反応が良くない。
色々と、気になる要素を散りばめたのに。

「子供にしては難しすぎるし・・・」

大人にしてはある意味、幼稚すぎると言う。

「なんでよ?」
「狙い過ぎよ!映画の見過ぎじゃない?」

確かにどこかで聞いたフレ-ズばかりだ

「・・・邪念が入っちゃうのよね」

やはり、子供の発想にはかなわない。

「ちなみに、その伝説ってなに?」
「島に邪念が渦巻く・・・ん?」

そんなつもりはなかったんだけど。
S1065
(No.1065完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1065-1]蘇るインスタン島

No.1065-1  [No.535-1]インスタン島

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
あれから約7年が経過している。
随分と待たせてしまった。

「えっ!?できたの?」
「ちがうちがう!構想というかあらすじと言うか・・・」

小学生の時、授業で書いた小説。
それを再現することになった。

「な~んだ、7年も待たせておいて」
「仕方ないでしょ!?」

曲がりなりにも腕は上がった。
でも、発想力は逆に下がったように思える。

「当時は怖いものなし!だったのに」
「今は構成とか伏線とか・・・」

見栄えばかりが気になり、考えがまとまらない。
それでもようやく重い腰を上げることができた。

「それで、どんな感じに?」
「あれから、もう一度、思い出したりしてさ」

同級生にも聞いてみた。
一度は話題になった小説だ・・・多少期待もあった。

「・・・覚えてなかった?」
「察しがいいね・・・」

内容どころか、そんな授業があったことすら覚えていない。
まぁ、当然と言えば当然のことだろう。

「仕方ないよ」

とにかく、当時のテイストであらすじを考えてみた。

「じゃあ、聞かせて」
「わかった」

(No.1065-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1064-2]羽ばたけ大空へ

No.1064-2

いつもなら息も絶え絶えのセミと出会う。
その弱々しさと言ったら・・・。

「昨日、会社に行ったら入り口のところに居たの」

自転車用の入り口にそいつが居た。
轢いてくれんと言わんばかりに、道のど真ん中に。

「まさか・・・」
「いやいや!それなら嬉しそうなわけないじゃん!」

ゆっくり走っていたこともあり、避けることができた。

「それでそのまま通り過ぎて・・・」
「自転車をいつもの場所にとめたの」

そしてそのまま職場に向かおうとした・・・でも・・・。

「なるほどね・・・戻ったんだ?」
「うん、あのままじゃ・・・ね」

自転車の餌食になるのは時間の問題だろう。

「大急ぎで入り口に向かったの」
「そしたら、やっぱりまだ居たのよね」

用心深い彼らにはあり得ない光景だと言える。
だからこそ・・・心配になったのだけど。

「で、つかもうとしたら・・・」

予想に反して、大空高く飛んで行ってしまった。

「・・・だからそれが嬉しくて」

それが最後の力だったのかもしれないけど。
S1064
(No.1064完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1064-1]羽ばたけ大空へ

No.1064-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
今年は意外なところでそいつと出会った。
危うく、そいつを轢いてしまうところだった。

「・・・どうしたの?」
「何だか嬉しそうじゃん!」

いつもなら物悲しくなるのに今日は違う。

「今年は早々に・・・」
「もしかして・・・アレ?」

毎年恒例の出来事だ。
いい加減、友人も覚えてしまったようだ。

「そう、アレ!」

毎年、夏にある出会いがある。
出会いというほど大袈裟なものではないが。

「まだ夏が始まったばかりよね?」

それはセミとの出会いだ。
それも、消えゆく命の出会いでもあった。

「そうね、でも先週から鳴き始めたから・・・」

セミの一生は短い。
いや・・・正確には地上に出てきてからが短い。

「そっか、そいつらなら・・・」
「だろうね」

ただ、今年はあることが違った。

「あること?」
「そう言えば・・・嬉しそうだったもんね」

(No.1064-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1063-2]縄跳びの達人

No.1063-2

「すごいね!」
「まぁ、昔のことだけどね」

そして、ここからが上級者と言える領域に入る。
難易度も格段に上がる。

「なんだか、ワクワクしてきたよ」
「でしょ!」

上級者は次に後ろ跳びに入る。
つまり、縄を逆回転させ、X二重などを跳んだりする。

「出来るの?」
「うん、格段に難しくなるけどね」

縄のコントロール、ジャンプのタイミングなどなど・・・。

「だろうね、何となくイメージできる」
「ただ、これでもゴールじゃないの」

そう・・・私たちが目指していたゴールはそれじゃない。

「まさか・・・オリンピック!?」

何とも壮大なジョークを放り込んできた。
でも、悪くない・・・。

「じゃなくて、三重跳びだよ」
「えっ!?三重・・・」

今までの跳び方は、言わば技術が試される跳び方だ。
でも、三重跳びは基本に磨きを掛ける必要がある。

「一回のジャンプ中に三回、縄を通過させる・・・」
「これがシンプルに難しくて」

出来たとしても、せいぜい数回レベルだった。

「それでも、跳べたんだ!?」
「まぁ、なんとかね」

その内、ブームは去り、三重跳びは未完のまま幕を閉じた。
S1063
(No.1063完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1063-1]縄跳びの達人

No.1063-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
そのブームは小学4年生の頃に突然やってきた。

「・・・縄跳び?」
「そう!出来る?」

たまたま見たテレビで縄跳びの製造過程が紹介された。
それを見て急に想い出がこみ上げてきた。

「あなたは出来るの?」
「今は・・・どうだろうね」

休み時間にもなると、皆が一斉に教室を飛び出す。
思い思いの場所で、縄跳びの練習が始まった。

「当時はね・・・」

最初の難関は二重跳びだ。
ジャンプと縄の回転のバランスが重要だ。

「へぇ~すごいじゃん!」
「こんなの、まだ序の口よ!」

次は技術を要するアレが待ち構えている。
私もしばらくはそれに苦しめられた。

「アレ?」
「そう!アレよ」

それは腕をクロスさせたまま跳ぶ“エックス二重”だ。
クロスするゆえ、“X”なのだ。

「まだまだ、あるわよ!」
「うそ!?」

次は腕をクロスさせたり、元に戻したりを繰り返す跳び方。
それは“あや二重”と呼ばれていた。

「なんで?」
「なんか、あやとりしてるみたいだから・・・じゃない?」

名前の由来は定かではないが・・・。

(No.1063-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1062-2]私も!

No.1062-2

「雨男が雨に濡れるなんて・・・プッ!」
「そう笑うなよ」

でも何とも情けない話だ。

「かわいそうだから、入れてあげる」
「・・・まぁ、頼むわ」

悪いことにく、雨足が強くなってきたからだ。
夏の天気は変わりやすく、それに激しい。

「あー、こりゃ完全に夕立だね!」
「俺とは関係ないんじゃないのか?」

夏の夕立は珍しくも無い。
ましてや梅雨時だ・・・天候は不安定極まりない。

「さぁ~それはどうでしょうか?」
「是が非でも俺のせいにしたいようだな」

ただ、皆に多大な迷惑を掛けている気がする。
今も目の前を傘をささずに走り去る人が何人も居る。

「あ~ぁ、あんなに濡れちゃって!」
「こっちを見るなよ!?」

そう思いながらも、やはり心苦しさは残る。

「これからは少し遅く帰るようにしようかな・・・」
「じゃぁ、私も!」
S1062
(No.1062完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1062-1]私も!

No.1062-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
夏の天気は変わりやすい。
でも、ここまで偶然が続くとさすがに嫌気がさす。

「あら?降ってきたわね」
「何だよ!?」

彼女がこちらをチラリと見る。
傘を用意しろと言う合図ではないことは分かっている。

「これで5日連続ね」
「わざわざ数えなくていいの!」

自称“雨音”が、今や自他共に認める“雨男”になった。

「でも、大丈夫!」
「・・・だろうね」

彼女がかばんから傘を取り出す。

「あなたと帰るときは必需品ね」
「何だよ、普段から持ち歩いているくせに」

とにかく、昨日も今日も、その前も雨が降ってきた。
外に出た途端に・・・。

「それにしても見事よね」
「ここまでの雨男、初めてだよ」

褒められているのか、けなされているのか・・・。
ただ、当の本人は傘を持っていない。

(No.1062-2へ続く)

| | | コメント (0)

その他のカテゴリー

(000)お知らせ (001)小説No.01~25 (002)小説No.26~50 (003)小説No.51~75 (004)小説No.76~100 (005)小説No.101~125 (006)小説No.126~150 (007)小説No.151~175 (008)小説No.176~200 (009)小説No.201~225 (010)小説No.226~250 (011)小説No.251~275 (012)小説No.276~300 (013)小説No.301~325 (014)小説No.326~350 (015)小説No.351~375 (016)小説No.376~400 (017)小説No.401~425 (018)小説No.426~450 (019)小説No.451~475 (020)小説No.476~500 (021)小説No.501~525 (022)小説No.526~550 (023)小説No.551~575 (024)小説No.576~600 (025)小説No.601~625 (026)小説No.626~650 (027)小説No.651~675 (028)小説No.676~700 (029)小説No.701~725 (030)小説No.726~750 (031)小説No.751~775 (032)小説No.776~800 (033)小説No.801~825 (034)小説No.826~850 (035)小説No.851~875 (036)小説No.876~900 (037)小説No.901~925 (038)小説No.926~950 (039)小説No.951~975 (040)小説No.976~1000 (041)小説No.1001~1025 (042)小説No.1026~1050 (043)小説No.1051~1075 (100)通信No.001~025 (101)通信No.026~050 (102)通信No.051~075 (103)通信No.076~100 (104)通信No.101~125 (105)通信No.126~150 (106)通信No.151~175 (107)通信No.176~200 (108)通信No.201~225 (109)通信No.226~250 (110)通信No.251~275 (111)通信No.276~300 (112)通信No.301~325 (113)通信No.326~350 (114)通信No.351~375 (115)通信No.376~400 (116)通信No.401~425 (117)通信No.426~450 (118)通信No.451~475 (200)VホNo.001~025 (S01)せいじゅうろう