カテゴリー「(042)小説No.1026~1050」の45件の記事

[No.1047-2]赤いレモン

No.1047-2

「大丈夫なの?」
「も、もちろんよ!」

それ以来の栽培だが勝算はある。
家庭菜園の知識も増え、ゴーヤなら成果も出せている。

「ゴーヤとトマトじゃ比較にならないよ」
「えへへ・・・やっぱり?」

私の影響で友人も家庭菜園の知識を持つようになった。
言う通り、確かに違う・・・いや、大きく違う。

「今年は準備万端で行くわよ!」
「まぁ、期待せずに待ってるわ」

種からではなく、苗を買ってくるつもりだ。
何本も育てるつもりはないので。

「まずは1本だけ・・・育ててみるわ」
「そうだね、それがいいかも」

リスクもあるが、1本に集中することにした。
もちろん、ゴーヤを育てながら。

「じゃあ、今年の冷やし中華・・・」
「もちろん!自家製トマトで!」

とにかく、週末はゴーヤの種まきだ。
そして、トマトの苗も買いに行こう。

「土の準備は?」
「バッチリよ!」

これから忙しくなりそうだ。
もちろん、それも楽しさの一部だと言えよう。

「じゃ、たまに生育状況を知らせてよ?」
「了解!」

我が子同然に可愛がってくれる親戚のおばさん・・・。
友人はそんなポジションなのかもしれない。
S1047
(No.1047完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1047-1]赤いレモン

No.1047-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
そろそろ今年も始めようと思う。

「えっ!?まだ正月気分?」
「あのね・・・」

冗談ではなく、本気でそう言うからたちが悪い。
さすがの私もそこまでのんびりはしていない。

「じゃあ、何を?」
「そろそろ覚えてよね!?」

それをかれこれ10年くらい続けている。
春の恒例行事と言ってもいいだろう。

「・・・なんだ、アレか!」
「わざわざ“アレ”って言う必要ある?」

いちいち面倒な友人だ。
周りに人がいたら聞き耳を立てられそうだ。

「アレはアレじゃん!」
「はいはい・・・」

ようやく気温も落ち着いてきた。
今週の週末あたりが良いだろう。

「今年は何にするの?」
「いつものアレと・・・」

友人につられて、自分も“アレ”と言ってしまった。
アレとはゴーヤのことだ。

「他には?」
「うん、今年はトマトに再チャレンジしようかと思って」

家庭菜園を始めたころ、トマトを育てたことがあった。
けど、見事に失敗した。

「強烈に酸っぱかったよね」

それはトマトではなく、赤いレモンだった。

(No.1047-2へ続く)

| | | コメント (0)

ホタル通信 No.464

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.589 後先考えて
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

実話度は低いですが、当時の心境・・・正確に言えば今もそ
うかもしれない、心の声を形にしたものです。

作者の性別や年齢はさておき、明らかに行動が臆病になっ
ています。それが“大人な社会人”と言えば、聞こえが良い
のでしょうが、がむしゃらだったあの頃・・・今でもよく覚えて
います。
若い頃は若さゆえの行動も、当時の上司は許してくれて逆
にそれを褒めてくれました。小説に書いた通り、色々な迷惑
を掛けたのも事実ですが。それでも随分と可愛がってもらっ
たものです。その上司にとっては娘や息子のように映ってい
たのかもしれませんね。

さて、そんなこんなな出来事をちょっとビジネスタッチで描い
ています。丁度、その頃、プレゼン資料を作っていたことも
あって、当たり障りのない内容に自分自身でも嫌気がさして
いました。
社会や会社を理解すればするほど、どんどん普通の人に
なって行って、「若き頃のアイデアに満ち溢れていた自分は
何処に?」なんて状態です、今は(笑)

でも、その“火”は消えていないということも言えますね。
別に大した野心も冒険心も持ち合わせてはいませんが、い
つか、その火が再び大きく燃えんことを願っています。
T464
web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1046-2]夜の猫

No.1046-2

「いつものことだけど」
「今日は特に多かったな」

場所が場所だけに寄ってくるのだろうか?
こんないい匂いがすれば猫も黙ってはいない。

「みんな仲良く座ってたよ」
「不思議よね」

夜になると俗に言われる集会が始まる。
お互い微妙な距離をとって佇んでいる。

「昼間ならケンカが始まるのにね」
「そうそう!」

昔、実家で飼っていた猫もそうだった。
私が顔を出すと急に強気になって・・・。

「どうしたの?」
「目が潤んでいるよ?」

思わぬところで思い出してしまった。

「あっ・・・うん、ちょっとね」
「あれ?あなたも目が赤いよ」

友人も何かを思い出して潤んでしまったのだろう。

「これ?さっき外で猫たちと飲んでたの」
S1046 
(No.1046完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1046-1]夜の猫

No.1046-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ねぇねぇ~聞いてぇ~!」
「また猫の話?」

友人が猫なで声を出しているからではない。
動かぬ証拠があるからだ。

「なんで分かったの!?」
「あのね・・・」

三流の探偵でもすぐに分かる。
その位、簡単だということだ。

「服、見てよ」
「服?あぁ・・・なるほどね」

ここに来る途中に“いっぱい”じゃれあったのだろう。
猫の毛がびっしりと付いている。

「一応、居酒屋さんなんだからね!」
「分かってるわよ、手は洗いました!」

いつもこんな調子だ。
不潔とは言わないが、相手は野良なので。

「それなら良いけど」
「で、どんな話?」

私も嫌いではない。
むしろ、彼女が持ち込む話題に興味がある。

(No.1046-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1045-2]そこに立つ

No.1045-2

「もぉー!どうでもいいから早く撮ってよ」
「仕方ないなぁ・・・」

どうして、こう撮られるのが好きなんだろう?
僕なら絶対、お断りだ。

「じゃあ、撮るよ」
「・・・どれどれ」

思いのほか、綺麗に撮れている。
人物と桜のバランスもいい。

「なに浸ってるのよ?」
「早く見せて」

スマホの画面を見せる。

「ふ~ん・・・なかなかいいわね」
「俺の腕がか?」

“違う!”と言わんばかりに睨まれた。
いいのは、自分自身らしい。

「まぁ、あなたの腕も褒めてあげるわ!」
「そりゃどうも!」

そう言えば、毎年こんなやりとりが行われている。
どうやら、騒がしく見るのが僕らの定番らしい。

「ほら!早く早く!次、行くわよ!」
「ちょ、ちょっと!」

僕の腕を掴み、前を歩き始めた。

「はい、次はここで!」
「りょーかい・・・」

一見すると強引で無頓着そうな彼女だ。
でも、足元に咲く、小さな花をしっかり避けてそこに立つ。
S1405
(No.1045完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1045-1]そこに立つ

No.1045-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「わぁ・・・きれいだね!」
「いつものことだろ?」

毎年、今時期になると桜で有名な場所を訪れる。
そして、いつものごとく・・・。

「もぉ!冷めてるわね!」
「だっていつものことだろ?」

年に一度とは言え、毎年、同じ光景が繰り返される。
決してうんざりしているわけではないが・・・。

「ほら見てよ!?」
「白とピンクのバランスがさぁ・・・」

去年もそのセリフを聞いた。
いや・・・正確には一昨年も、さらにその前も。

「そんなこと言うと嫌われるわよ?」
「ほんとのことだろ?」

毎年、誘われるものの、あまり乗り気ではない。
でも、別に桜が嫌いなわけではない。

「なんかこう・・・春になったら」
「みんな桜、桜って」

早い話、天邪鬼とでも言えばよいのだろうか?
人の集まる場所が好きではない。

「みんな浮かれちゃってさ!」

天邪鬼というより、ひねくれ者の方が似合う。

「ひねくれ者ね!」
「自覚してるよ」

本当は人一倍、はしゃぎたいのかもしれない。
特に今日みたいな暖かい日の午後は。

(No.1045-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1044-2]今も謎

No.1044-2

最初はゲームのためだと思っていた。
実際、彼女も僕もそのゲーム暦は長い。

「でも、僕が嫌いになったら・・・」

クローバーさえ、送ることも求めることもないと思う。
それなら他のプレーヤーにすれば良い。

「けど、今は僕だけだから仕方なく?」

比較的、難しいゲームだ・・・途中でやめた人も多い。
実際、身近では僕と彼女しかプレイしていないようだ。

「ただなぁ・・・」
「嫌いな人に送るのかな?」

もしかしたらそれはそれと割り切っているのかもしれない。
ゲームのためなら・・・と。

「まぁ、それ以外は連絡ないしな」

試しに正月にLINEを送った。
“謹賀新年”のスタンプだけを。

「見事に既読スルーされたよな」

予想はしていた。
けど、淡い期待もしていた。

「そして今も・・・」

クローバーの到着を知らせるメッセージが届いた。

「う~ん、謎だぁ!」
S1044
(No.1044完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1044-1]今も謎

No.1044-1

登場人物
男性=牽引役
-----------------------------

「・・・どう判断したらいいんだろうね?」

投げかけてはいるが相手は居ない。
ただの僕の独り言だ。

「まだ許してくれてないんだろうな・・・」

1年ほど前、知り合いの女性と口論してしまった。
正確に言えば、LINE上の文字でだ。

「あの時は言い過ぎたよな」

罵倒したのではない。
仕事上のアドバイスの度が過ぎた。

「ましてや女性の心理も理解せず・・・」

一番、嫌われる口論だと後で知った。
そこから、LINEでのやり取りが途絶えた。

「けどなぁ・・・」

今までのように文字や写真が届くことはなくなった。
でも、あるものだけは今でも届いている。

「そんなにゲーム好きだったかな?」

そのゲームは基本、無料で遊べるスマホゲームだ。
その中で、“クローバー”と呼ばれるものがある。

「これにどんな意味が・・・」

そのクローバーがあれば、すぐに1回プレイができる。
彼女はそれを毎日、送ってくるし、求めてもくる。

(No.1044-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1043-2]私たちも

No.1043-2

「私たちもそうだったね」

希望や不安に満ち溢れていた。
おかしな表現だけど。

「でも、あなたに出会えてよかったよ・・・」
「なによ、気持ち悪いわね」

こんな悪態をつけるのも、友達だからだ。
お互いの手の内は知っている。

「最初はギクシャクしてたもんね」
「そうそう!」

友達になれそうでなれない時期がしばらくあった。

「だから一気に友達になれたよね」
「今までの時間を取り戻すかのように」

それからは怒涛のごとく仲良くなった。
そして、今に至る。

「繰り返すようだけど・・・」
「ほんと、制服が眩しいね!」

確かに、その集団に圧倒される。
加えてその若さにも。

「そりゃそうよ」
「いくら私たちが若いと言っても」

10歳くらいは離れている。
とても話題が合いそうにない年の差だ。

「さぁ!私たちは私たちで行くわよ」
「だね!」

私たちもある意味、そんな目で見られているだろう。
着こなせていない地味なスーツにハイヒールだと。
S1043
(No.1043完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

その他のカテゴリー

(000)お知らせ (001)小説No.01~25 (002)小説No.26~50 (003)小説No.51~75 (004)小説No.76~100 (005)小説No.101~125 (006)小説No.126~150 (007)小説No.151~175 (008)小説No.176~200 (009)小説No.201~225 (010)小説No.226~250 (011)小説No.251~275 (012)小説No.276~300 (013)小説No.301~325 (014)小説No.326~350 (015)小説No.351~375 (016)小説No.376~400 (017)小説No.401~425 (018)小説No.426~450 (019)小説No.451~475 (020)小説No.476~500 (021)小説No.501~525 (022)小説No.526~550 (023)小説No.551~575 (024)小説No.576~600 (025)小説No.601~625 (026)小説No.626~650 (027)小説No.651~675 (028)小説No.676~700 (029)小説No.701~725 (030)小説No.726~750 (031)小説No.751~775 (032)小説No.776~800 (033)小説No.801~825 (034)小説No.826~850 (035)小説No.851~875 (036)小説No.876~900 (037)小説No.901~925 (038)小説No.926~950 (039)小説No.951~975 (040)小説No.976~1000 (041)小説No.1001~1025 (042)小説No.1026~1050 (100)通信No.001~025 (101)通信No.026~050 (102)通信No.051~075 (103)通信No.076~100 (104)通信No.101~125 (105)通信No.126~150 (106)通信No.151~175 (107)通信No.176~200 (108)通信No.201~225 (109)通信No.226~250 (110)通信No.251~275 (111)通信No.276~300 (112)通信No.301~325 (113)通信No.326~350 (114)通信No.351~375 (115)通信No.376~400 (116)通信No.401~425 (117)通信No.426~450 (118)通信No.451~475 (200)VホNo.001~025 (S01)せいじゅうろう