« [No.1266-1]ひっそりと静かに | トップページ | [No.1267-1]それはゴミ袋 »

[No.1266-2]ひっそりと静かに

No.1266-2

「ある市民グループが見つけたんだって」
「国会図書館から」

そのわりにはニュースで聞いたことがない。
今まで一度も。

「私たちだけが知らなかった?」
「それはないと思う」

けど、今は知って良かったと思う。
これも何かの巡り合わせのような気がする。

「7月26日だったそうよ」
「約80年前だけど」

その日が近い。
だからこそ、何かを感じずにはいられない。

「そうなんだ・・・」
「特別な日になりそう」

そこには縁もゆかりもない。
もちろん、訪れたこともない。

「ただ、手をわせることはできる」
「・・・だね」

歴史の中でひっそりと静かに・・・。
けど、それは確かにあった。

「模擬原子爆弾投下跡地・・・か」
「忘れられない夏になりそうね」
J1266
(No.1266完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.1266-1]ひっそりと静かに | トップページ | [No.1267-1]それはゴミ袋 »

(050)小説No.1251~1275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1266-1]ひっそりと静かに | トップページ | [No.1267-1]それはゴミ袋 »