« [No.1254-2]偶然とは | トップページ | [No.1255-2]もうひとりの主役 »

[No.1255-1]もうひとりの主役

No.1255-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
世間では桜の開花が始まったらしい。
そうなると・・・。

「来週あたり行ってみる?」
「どこに?」

あえてとぼけてみた。
答えは分かっているけれど。

「桜に決まってるでしょ?!」
「分かってるわよw」

今の時期、世間は桜一色になる。
見ると言うより、“食”が優先されるとは思うが。

「行かないの?」
「もちろん行くわよ」

私もどちらかと言えば“食”が目当てだ。

「でも、もう一人の主役を忘れてない?」
「主役?一人?」

桜の季節になると出てくるやつがいる。
白くて小さい・・・。

「人間なの?」
「わけないでしょw」

正確には一人じゃなくて一匹だ。

「おい!」
「ごめん!ごめん!」

多分、桜よりも早くやつらが現れる。
現に目の前を通り過ぎて行った。

(No.1255-2へ続く)

| |

« [No.1254-2]偶然とは | トップページ | [No.1255-2]もうひとりの主役 »

(050)小説No.1251~1275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1254-2]偶然とは | トップページ | [No.1255-2]もうひとりの主役 »