« [No.1253-1]身代わり | トップページ | ホタル通信 No.567 »

[No.1253-2]身代わり

No.1253-2

「あはは、確かにね!」
「前はさぁ・・・」

テレビに続いて電子レンジや炊飯器まで壊れた。
その総額たるものや・・・。

「それだけストレスが強かったとか?」
「確かに・・・ね」

それこそ会社を辞める覚悟が出来ていた。
そのストレスたるもの・・・。

「まぁ、有り難い話ではあるけどね」
「それからと言うもの・・・」

事が好転し始めた。
だからこそ、否定できない。

「今回は?」
「今回も・・・だよ」

事が好転し始めた。
前と全く同じ展開だった。

「何だか気が引けるけどね」
「“物”だけど」

無機質な“物”でも言わば相棒だ。

「・・・だね」
「だから、“ありがとう”って言ったよ」

何度も言うけど信じているわけじゃない。
でも、そう思わざるを得ないのだ。

「物にも心が宿る・・・か」
「その心はきっと・・・」
T1253
(No.1253完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.1253-1]身代わり | トップページ | ホタル通信 No.567 »

(050)小説No.1251~1275」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1253-1]身代わり | トップページ | ホタル通信 No.567 »