« [No.1242-2]空が明るい | トップページ | [No.1243-2]未確認飛行物体 »

[No.1243-1]未確認飛行物体

No.1243-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
それは車で遠出をした帰りに現れる。

「UFO発見!」
「・・・はいはい」

暗闇に、3つの灯りが点滅を繰り返している。
それがさながらUFOに見える。

「ここを通るといつも言うよね?」
「まぁいいじゃん!」

なぜだか言わずにはいられない。

「それになんでUFOなの?」
「見たことないくせに」

そう言われるとそうだ。
灯りの点滅がなぜ、UFOになるのだろうか?

「・・・だよな」
「そこは否定してよw」

子供の頃はよく、夜空を見上げていたものだ。
目的は星ではなく、UFOを見つけるために。

「あなたらしいね」
「子供の頃、流行ってたし」

いわゆるオカルト物は子供の好物とも言える存在だ。
僕も例外ではなかった。

「飛行機のライトって分かっていても」
「UFOだったら・・・な、と」

想像を膨らましたものだ。

(No.1243-2へ続く)

| |

« [No.1242-2]空が明るい | トップページ | [No.1243-2]未確認飛行物体 »

(049)小説No.1226~1250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1242-2]空が明るい | トップページ | [No.1243-2]未確認飛行物体 »