« [No.1234-1]初めての挫折 | トップページ | [No.1235-1]世界が変わる »

[No.1234-2]初めての挫折

No.1234-2

「挫折?」
「急に難しくなったのを覚えてる」

具体的には覚えていない。
でも、ついて行けなくなったのは間違いない。

「で、フェードアウトw」
「あははw」

もしかしたら、人生初の挫折だったかもしれない。
今、振り返ると。

「乗り越えようとは?」
「するわけないだろw」

あっさり、教室に通わなくなった。
親から何も言われなかったこともあって。

「だから、そこそこ思い出があるんだよ」
「その小屋に」

実家に帰る時、否が応でもその小屋の前を通る。
そして通る度にあの頃を思い出す。

「不思議な存在だよ」

でも、その小屋もいつまで建っていることやら・・・。
今は、人が出入りしている雰囲気がない。

「でも、あなたには見えてるんでしょ?」
J1234
(No.1234完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.1234-1]初めての挫折 | トップページ | [No.1235-1]世界が変わる »

(049)小説No.1226~1250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1234-1]初めての挫折 | トップページ | [No.1235-1]世界が変わる »