« [No.1228-2]本当は薄明薄暮 | トップページ | [No.1229-2]ジガジガする »

[No.1229-1]ジガジガする

No.1229-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「どうしたの?」
「さっきからモゾモゾして」

何かをしきりに気にしている。
それに、さっきから浮かない顔だ。

「首の辺りが・・・」
「ジガジガするのよね」

聞いたことがない擬音だ。
いや・・・方言の可能性もある。

「寒くなってきたから」
「今日からセーターを着たんだけど」

どうやら服が関係しているようだ。

「・・・ジガジガするんだ」
「そうだけど?」

もしかして私が知らないだけだろうか?
この擬音のような方言のような言葉を。

「着始めだから」
「慣れるまで時間が掛かるのよね」

確かに服が関係している。
慣れるまでとはどう言う意味だろうか?

「だよね~」

完全にタイミングを逸してしまった。
今さらその言葉の意味を聞き辛い。

「あなたもそんなことあるでしょ?」
「えっ!私・・・」

突然、キラーパスが飛んで来た。

(No.1229-2へ続く)

| |

« [No.1228-2]本当は薄明薄暮 | トップページ | [No.1229-2]ジガジガする »

(049)小説No.1226~1250」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1228-2]本当は薄明薄暮 | トップページ | [No.1229-2]ジガジガする »