« [No.1225-1]ド根性 | トップページ | ホタル通信 No.553 »

[No.1225-2]ド根性

No.1225-2

「2ヶ月間、水も無しに?」
「そうね、基本無しね」

途中、何度も雨は降った。
でも、プランターは雨が届かない位置に置いてある。

「土はカラカラなのに」
「それでも生きてるんだよね」

例の果物は、場所が場所だけど条件は良い。
雨の恵みも受けられる。

「ド根性のレベルならうちの子の勝ちだよ!」
「うちの子ってw」

勢い余ってつい、口が滑ってしまった。
まぁ、悪いことではないけれど。

「言わば、2か月間も飲み食いなしだもんね」

確かにそうだ。
肥料どころか、雨の恵みもない。

「もちろん、水なんてあげてないからね」
「・・・だからビックリしたよ」

そして今も生きている。

「今も!?」
「こんなに寒いのに・・・」

夏の野菜だけに、寒さは天敵だ。
それにも負けずと言うか耐えているというか。

「これからどうするの?」

自然の摂理に任せるには少し気が引ける自分が居る。
J1225
(No.1225完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.1225-1]ド根性 | トップページ | ホタル通信 No.553 »

(049)小説No.1201~1225」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1225-1]ド根性 | トップページ | ホタル通信 No.553 »