« [No.1218-1]BILLY JOEL | トップページ | [No.1219-1]朽ち果てた車 »

[No.1218-2]BILLY JOEL

No.1218-2

「あの曲?」
「というか、あの人だけどw」

何かも新鮮な時期にあって、衝撃的でもあった。
激しい曲もあれば、バラードもあった。

「名前は?」
「ビリージョエルだよ」

今でも時々、聞きたくなる。
当時を思い出す一曲には間違いない。

「知ってる!」
「知らない!だったらどうしようかとw」

あれから・・・年たっているけど記憶は新しい。
色々と思い出すことも多い。

「言い尽くされたセリフかもしれないけど」
「歌と記憶って結び付きが強いよね」

記憶に歌が結び付いているのか?
それとも歌に記憶が結び付いているのか・・・。

「どっちなんだろうな?」
「そうね~・・・」

そう言いながら考え込んでしまった。

「まっ、どっちでもいいか!」

深夜のラジオから洋楽が聞こえる。
スマホではなく、アナログのラジオから。

「当時のそんな雰囲気も好きだな」

昭和とはそんな時代だった。
J1218
(No.1218完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.1218-1]BILLY JOEL | トップページ | [No.1219-1]朽ち果てた車 »

(049)小説No.1201~1225」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1218-1]BILLY JOEL | トップページ | [No.1219-1]朽ち果てた車 »