« [No.1191-1]こっちを食べな | トップページ | ホタル通信 No.536 »

[No.1191-2]こっちを食べな

No.1191-2

「羨ましいかどうかの前に」
「わたしの話も聞いてくれる?」

友人が首を縦に振る。
余裕の表情が何とも、腹立たしいが。

「私の彼は・・・そんなこと言わない」
「でしょ~!」

正確には付き合った当初は言ってくれた。

「最初だけ、やさしいってパターン?」
「うふふ・・・浅いわね!」

さっきのお返しだ。
同じセリフを言ってみた。

「だって今は言わないって・・・」
「そうね、今は言わない」

それにはちゃんとした理由がある。

「理由?」
「そう・・・当初、言ってくれてた時・・・」

それこそ、美味しい方や量が多い方を私にくれた。
でも、それを私は“良し”とはしなかった。

「なんでよ?」
「彼にも美味しいもの、量が多い方を食べて欲しい」

だから、彼はそれを見越して何も言わなくなった。
言えば、私が断わると分かったから。

「今は彼が渡してくれた方を素直に受け取るの」
「幸せは二人で分かち合いたいからね!」

こっちが美味しいとか・・・ひとりで独占するものじゃない。

(No.1191完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.1191-1]こっちを食べな | トップページ | ホタル通信 No.536 »

(048)小説No.1176~1200」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1191-1]こっちを食べな | トップページ | ホタル通信 No.536 »