« [No.1127-1]私は一軍 | トップページ | [No.1128-1]浴衣が似合う頃 »

[No.1127-2]私は一軍

No.1127-2

「一軍の一番をゲット!」

つまり、先頭だと言うことだ。
普通に、そう言えばいいのにと思う。

「やっぱり、一軍じゃないとね!」
「さっきも言ったけど、後1時間以上あるんだよ?」

彼女と出掛けるとこんなことが多い。
せっかちと言うか、負けず嫌いと言うか・・・。

「1時間なんてアッと言う間よ!」
「そうかなぁ・・・」

僕にとっては長い1時間だ。
反面、彼女は満足げな表情をしている。

「ほんと、好きだよな」
「別に誰にも迷惑を掛けていないでしょ?」

確かに割り込んだり、誰かを押しのけてはいない。
それに、早いと言っても常識的な時間だ。

「まぁ、それはそうだな」
「でしょ~!」

まぁ、一種の趣味だと思えばいい。
“先頭をゲットしたい”趣味だと。

「それにしても急いで来たから汗だくだよ」
「私も!」

一軍か・・・悪くない表現だ。
楽しい日々が続く予感しかない。

(No.1127完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.1127-1]私は一軍 | トップページ | [No.1128-1]浴衣が似合う頃 »

(046)小説No.1126~1150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1127-1]私は一軍 | トップページ | [No.1128-1]浴衣が似合う頃 »