« [No.1125-2]不思議の原点 | トップページ | [No.1126-2]南北が羨ましい »

[No.1126-1]南北が羨ましい

No.1126-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「おはよう・・・」
「どうしたの?元気ないじゃん」

そりゃ元気もなくなる。
この暑さなら。

「そう?今日は昨日ほどじゃないよ」
「それは電車組みのセリフ!」

残念ながら私は自転車通学だ。
だから、夏の日差しをもろに浴びてしまう。

「それでも朝は涼しいでしょ?」
「まぁ、聞きなよ」

なかなか私の辛さを分かってくれない。
単なる日差しの問題ではない。

「大袈裟ね」
「ほんとに大変なのよ!?」

自宅から見ると学校はほぼ東に位置している。
それが問題だ。

「・・・どんな?」
「ピンときなさいよ!」

朝、学校に向かう姿を想像したら予想が付く。

「あなたの必死の形相しか思い浮かばないわ」
「寝坊ばかりしてるもんね」

話が脱線し始めた。
早めに話を戻した方が良さそうだ。

「じゃなくて、東に向かって自転車漕いでるんだよ?」
「太陽に向かって・・・と言いたいんでしょ?」

最初から分かっていたようだ。
ちょっと遊ばれたらしい。

(No.1126-2へ続く)

| |

« [No.1125-2]不思議の原点 | トップページ | [No.1126-2]南北が羨ましい »

(046)小説No.1126~1150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1125-2]不思議の原点 | トップページ | [No.1126-2]南北が羨ましい »