« [No.1092-1]成人式 | トップページ | ホタル通信 No.487 »

[No.1092-2]成人式

No.1092-2

「最初から行く気がなかったのかもな」
「だから、仕事してたのかも」

ちょっと格好を付けたかったのかもしれない。
仕事の関係で出られませんでしたよ・・・と。

「そういうことだから」
「成人式はテレビで見た以外、分からない」

上辺は語れても雰囲気は無理だ。

「君はどうだったんだよ?」
「成・・・」

言い掛けて気付いた。
彼女は僕より、環境が良くなかったことを。

「うち?」
「もちろん、行ってへんで!」

予想に反して明るい返事が帰ってきた。
“行っていない”のにも関わらず。

「うちはその時・・・どこにいたんやろうな?」

どこ・・・具体的な場所かもしれない。
あるいは、心の中のことを言っているのかもしれない。

「どっちにしても、行かへんわ」
「・・・多分」

行かなかった理由は何となく分かる。
俺とはまた違う理由だ。

「まぁ、仲間やね!」
「だな!」

成人式に行っても行かなくても大人は大人だ。

「立派かどうかはわからへんけどな」
S1092
(No.1092完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.1092-1]成人式 | トップページ | ホタル通信 No.487 »

(044)小説No.1076~1100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1092-1]成人式 | トップページ | ホタル通信 No.487 »