« [No.1094-1]レトロ好き | トップページ | ホタル通信 No.488 »

[No.1094-2]レトロ好き

No.1094-2

「見当たらない?」
「あぁ、捨てた記憶はないんだけどな」

押入れの奥にでもしまってあるかもしれない。
定かではないが。

「探してみる?」
「いいよ、面倒だから」

出てきた所で、またしまうか、捨てるかの二択だ。
レトロへの興味は完全に失っている。

「当時はあれだけ熱心だったのにな」
「そんなものよ、マイブームは」

気付けば熱が冷めていた。
そうなると、実用性の低い物は隅に追いやられた。

「やっぱり、掘り出してみようよ!」
「押入れの中から」

気が乗らない反面、気にならなくもない。
あったらあったで嬉しくないわけではないからだ。

「そうと決まれば発掘開始!」
「俺の家は遺跡かよ!」

でも、残念ながら“お宝”は発見されなかった。

「他に埋めた場所は?」
「おいおい、本当に遺跡っぽい言い方はやめろよ」

残念ながらここになければどこにもない。
やはり、捨ててしまったらしい。

「まぁ、一番のレトロは目の前に居るけどね」
S1094
(No10940完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.1094-1]レトロ好き | トップページ | ホタル通信 No.488 »

(044)小説No.1076~1100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1094-1]レトロ好き | トップページ | ホタル通信 No.488 »