« [No.1081-1]超・生活感がある話 | トップページ | [No.1082-1]マカロニサラダ »

[No.1081-2]超・生活感がある話

No.1081-2

「ふ~ん」

怪訝そうな顔をしているが、話が終わりそうだ。

「言ってなかったけど・・・」
「俺、紅茶好きなんだよ」

知らなかった・・・。
紅茶を飲んでいる姿を見たことがなかったからだ。

「うそでしょ!?」
「だって、いつもコーヒーじゃない?」

カフェに行ってもコーヒーを頼む。
夏はアイスで、冬はホットで。

「カフェの紅茶ってさぁ、俺の口に合わなくて」
「まずいと言うことじゃなくて、茶葉の・・・」

好みの茶葉ではないらしい。

「じゃあ、どんな茶葉が好きなの?」
「普通に売ってる、ほらイエロー・・・」

彼が言い終わる前に、実物を差し出した。

「これ?イエローラベルだけど」
「そう!これだよ」

意外な展開だった。
彼が紅茶好きだということ、そして好みも同じだということ。

「もう一度使うんだろ?そのティーパック?」
「俺も、同じことしてるからさ」

知っててとぼけていたようだった。
でも、このお陰で彼との仲が深まったのは間違いない。
S1081
(No.1081完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.1081-1]超・生活感がある話 | トップページ | [No.1082-1]マカロニサラダ »

(044)小説No.1076~1100」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1081-1]超・生活感がある話 | トップページ | [No.1082-1]マカロニサラダ »