« [No.1066-2]最後の雨 | トップページ | [No.1067-1]恋はタイミング? »

ホタル通信 No.474

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.435 夢の跡
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

先に言っておきますが、実話度は高い反面、かなり独りよが
りな小説です。

話もややこしいので解説しますね。
現在の職場、例えば大阪としましょう。その大阪で里深(さと
み)と会話をしています。
小説上の私は転勤前に務めていた元職場、これを札幌とし
ましょう・・・その札幌に出張した時の話を、里深としているわ
けです。
で、その札幌には逢いたかった人が二人居た・・・そして実際
に逢ってきた、というのが話しの主軸です。今までの話の中
で事実ではないのは、里深の存在です。つまり、この小説は
私の言わば“回想”を会話調に仕立てたものです。

このお二人・・・冬のホタルでは何度か登場していただいてい
る方です。
帰省で札幌に帰ることはあっても、その時、元職場は閉まっ
ているため、逢いに行くことはできません。とは言え、プライ
ベートで逢うにはそこまで親しい関係でもありません。
ですから、仕事でそこに行くことができるのは何とも不思議で
特別な出来事でした。
前述した通り、里深の存在以外は事実なので、内容は読んで
いただいた通りです。

ちょっと大袈裟すぎる小説かもしれませんが、本当に夢のよ
うな二日間でした。
T474
web拍手 by FC2

| |

« [No.1066-2]最後の雨 | トップページ | [No.1067-1]恋はタイミング? »

(118)通信No.451~475」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1066-2]最後の雨 | トップページ | [No.1067-1]恋はタイミング? »