« [No.1068-2]一列のスズメ | トップページ

ホタル通信 No.475

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.437 LED
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

タイトルだけでは思い出せない小説は多々あります。これも
そのうちののひとつです。

自分の創作パターンを振り返ると、このような無機物が主軸
になると、これを擬人化したような展開になることが多いです
ね。今回は光の進み方が拡散か集中かを遠回しに、恋愛に
結び付けています・・・というより、それに行き着いたからこ
そ、この小説を作ったとも言えます。
内容は、いつものごとくパッとしないのですが、書いてあるこ
とはまんざら嘘でもありません。実際、標識に光が当たり、
その反射が小説のヒントになりました。

LEDは無機物だと前述しましたが、光を扱う物体であるため
小説のネタとしては可能性を秘めています。
過去にもLEDやその親戚とも言える豆電球のことを小説にし
ていますから、私にとってはパートナー的な位置づけです。
そこから放たれる光をどう料理するのか・・・これが腕のみせ
所といったところでしょうか。

タイトルだけでは思い出せなかったわりには、読み返してみ
ると、よく覚えていることに気付きました。今でもスマホから
発せられたLEDの光が、標識に反射した時のことを覚えてい
ます。
なんてことがない日常なんですよね・・・でもこれが冬のホタル
なんですよ。
T475
web拍手 by FC2

| |

« [No.1068-2]一列のスズメ | トップページ

(118)通信No.451~475」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1068-2]一列のスズメ | トップページ