« 2021年7月 | トップページ

2021年8月

ホタル通信 No.475

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.437 LED
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

タイトルだけでは思い出せない小説は多々あります。これも
そのうちののひとつです。

自分の創作パターンを振り返ると、このような無機物が主軸
になると、これを擬人化したような展開になることが多いです
ね。今回は光の進み方が拡散か集中かを遠回しに、恋愛に
結び付けています・・・というより、それに行き着いたからこ
そ、この小説を作ったとも言えます。
内容は、いつものごとくパッとしないのですが、書いてあるこ
とはまんざら嘘でもありません。実際、標識に光が当たり、
その反射が小説のヒントになりました。

LEDは無機物だと前述しましたが、光を扱う物体であるため
小説のネタとしては可能性を秘めています。
過去にもLEDやその親戚とも言える豆電球のことを小説にし
ていますから、私にとってはパートナー的な位置づけです。
そこから放たれる光をどう料理するのか・・・これが腕のみせ
所といったところでしょうか。

タイトルだけでは思い出せなかったわりには、読み返してみ
ると、よく覚えていることに気付きました。今でもスマホから
発せられたLEDの光が、標識に反射した時のことを覚えてい
ます。
なんてことがない日常なんですよね・・・でもこれが冬のホタル
なんですよ。
T475
web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1068-2]一列のスズメ

No.1068-2

「ただ・・・さぁ・・・」
「分かるよ、その気持ち」

お婆さんにして見れば何の悪気もない。
だからこそ賛否が分かれるとも言える。

「毎日、複雑な気持ちで通り過ぎている」

多分、パンくずをまいているのだろう。
するとそこはカオスと化す。

「笑えるカオスだけどね」
「光景が目に浮かぶよ」

お婆さんもスズメも何とも嬉しそうだ。
だからこそ、複雑な心境になってしまう。

「出来ればそこに参加したいくらい」
「あはは!」

そうこうしている内に、全てを食べつくして去って行く。

「そこは野生だね」
「そうだね」

食べるものを食べたら用済みだと言わんばかりに。

「ほら、有名な俳句があったじゃん」
「あぁ・・・夏草や・・・だね」

まさしく、兵(つわもの)どもが夢の跡だった。

「そして、また明日・・・」

同じ光景が繰り広げられる。

「そう言えば・・・」
「なに?」

同僚が何かに気付いたようだ。

「最近、会社に来るのが遅いと思ったら・・・」

だって最後まで見たいから・・・ね。
S1068
(No.1068完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1068-1]一列のスズメ

No.1068-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
今の時代、その行為には賛否が分かれる。
いや・・・どちらかと言えば“否”が多数を占める。

「ねぇ、どう思う?」

ほぼ毎日の光景を同僚に話した。

「・・・個人的には微笑ましく思うけどね」
「まぁ、私も同じ意見ね」

それはその周辺に住んでいないから言える言葉だ。
もし、そこに住んでいたら・・・。

「でもやっぱり・・・フンがね」
「だろうね」

通勤途中にとある高齢者施設がある。
そこに、あるお婆さんが鳥にエサをあげている。

「ほぼ毎日なんだろうね」
「スズメなんか一列になってさ」

今か今かとエサを待ち構えている。
スズメとお婆さんの距離は近い。

「餌付けされてる?」
「早い話がそうね」

ついでにハトや、時々カラスの姿も見掛けることもある。

「スズメだけならまだしも・・・」

ハトのフンに悩まされている人も多い。
その原因のひとつが“餌付け”だ。

(No.1068-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1067-2]恋はタイミング?

No.1067-2

「だから、タイミングが重要なの」
「“まだいける”と思ってても・・・」

知らず知らずの内にことが進行している場合もあるという。
“こと”とは、破局を意味しているのだろう。

「けど、次に進まなきゃ!」
「うん、そのつもり」

悩みもするが、切り替えが早いのも友人の特長だ。

「そんなやつ、スパッと切り捨てちゃったら?」
「そうね・・・そうする」

でも、言葉とは裏腹に浮かない表情をしている。
そう簡単には切り捨てられないようだ。

「そんなやつのことは忘れて・・・他にも居るじゃないよ」
「居る?・・・まぁ、居ると言えば居るけど」

男なんて掃いて捨てるほど居る。
そう思えば、気持ちも楽になるだろう。

「そうよね!」
「そうそう!」

(けど・・・恋はタイミングか・・・)

あらためてその言葉の意味をかみ締めた。

「また、合コンをセッティングするからさぁ!」
「・・・合コン、なんで?」

意外な反応だ。
誰よりも、合コンが好きなはずなのに。

「いや、だから・・・フラれたんでしょ?」
「私、ゴーヤの話をしてるのよ」
S1067
(No.1067完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1067-1]恋はタイミング?

No.1067-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「どうしたの?元気ないわね」
「・・・そうかな?」

無理もない。
彼と別れてからそう時間もたっていない。

「やっぱり、タイミングって・・・」
「難しいよね」

何かを語りだそうとしている。
今、おかれている状況からすれば恋愛のことだろう。

「そうね・・・私もそう思う」

確かにタイミングは難しい。
恋愛は駆け引きとも言える。

「昨日までは緑色だったのに」
「一晩で黄色になっちゃって・・・」

なるほど・・・彼との関係を上手く色に例えている。
信号機と同じで黄色は“注意”と言うことだろうか。

「そうよね、そんな時もあるよ」
「そのまま放っておけば・・・裂けちゃうのよね」

その通りだと思う。
すれ違いはいずれ、二人の関係に“亀裂”を生む。

「身もボロボロになっちゃって、さぁ・・・」

今回は随分、激しい恋愛だったようだ。
友人にしては珍しい。

「・・・本気だったんだ」
「うん、真剣に育ててきたのに・・・」

それが一瞬の油断で、ダメになったらしい。

(No.1067-2へ続く)

| | | コメント (0)

ホタル通信 No.474

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.435 夢の跡
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

先に言っておきますが、実話度は高い反面、かなり独りよが
りな小説です。

話もややこしいので解説しますね。
現在の職場、例えば大阪としましょう。その大阪で里深(さと
み)と会話をしています。
小説上の私は転勤前に務めていた元職場、これを札幌とし
ましょう・・・その札幌に出張した時の話を、里深としているわ
けです。
で、その札幌には逢いたかった人が二人居た・・・そして実際
に逢ってきた、というのが話しの主軸です。今までの話の中
で事実ではないのは、里深の存在です。つまり、この小説は
私の言わば“回想”を会話調に仕立てたものです。

このお二人・・・冬のホタルでは何度か登場していただいてい
る方です。
帰省で札幌に帰ることはあっても、その時、元職場は閉まっ
ているため、逢いに行くことはできません。とは言え、プライ
ベートで逢うにはそこまで親しい関係でもありません。
ですから、仕事でそこに行くことができるのは何とも不思議で
特別な出来事でした。
前述した通り、里深の存在以外は事実なので、内容は読んで
いただいた通りです。

ちょっと大袈裟すぎる小説かもしれませんが、本当に夢のよ
うな二日間でした。
T474
web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

« 2021年7月 | トップページ