« [No.1064-2]羽ばたけ大空へ | トップページ | [No.1065-1]蘇るインスタン島 »

ホタル通信 No.473

ホタル通信 No.473

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.586 巨人と私
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

小説に出てくるふたつの巨大なマンションは実在しています。
そりゃもう、巨大で・・・。

そのマンションは高さもさることながら、奥行きと言えばいい
のでしょうか・・・厚みがあります。立方体を積み重ねたよう
な外観で、例えるならサイコロを4つほど積み重ねて、それ
を超巨大化させたような感じです。
別にそのマンションに恨みがあるわけでもなく、嫌な思い出
があるわけでもありませんが、その存在感に圧倒されてい
る様を描いたものです。

なぜ、圧倒されていたのか、小説ではうやむやになっていま
すが、これも事実で何か明確な不安を抱えていたわけでも
なく、ただ、ぼんやりとそう感じていた・・・というのがその答え
と言えます。
「そんなことがありますよね?」と同意を求めるつもりはない
ものの、心のどこかでは言い知れぬ不安を誰かに知って欲
しいと思う気持ちが小説になったような気もしています。

表面的には重々しい話ではありませんが、それでもコミカル
なラストにしたかったため、友人がそのマンションに引っ越す
ようなオチにしてみました。
T473
web拍手 by FC2

| |

« [No.1064-2]羽ばたけ大空へ | トップページ | [No.1065-1]蘇るインスタン島 »

(118)通信No.451~475」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1064-2]羽ばたけ大空へ | トップページ | [No.1065-1]蘇るインスタン島 »