« [No.1060-2]必殺技 | トップページ | [No.1061-1]昨日の敵は・・・ »

ホタル通信 No.471

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.535 インスタン島
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性

文才があるかどうかは別にしても記念すべき処女作がこの
「インスタン島」でした。

小説では全く覚えていないことになっていますが、実はごく
一部なら覚えています。
隊長の名前は「やかんひでき」でした。やかん・・・そう、あの
やかんです。インスタン・・・と言うだけあって何ともイージー
なネーミングです。小学生が考えることですから、こんな程
度でしょう。ひできは当時、仲が良かった友人の名前です。
そう考えると、もうひとり仲が良い友達が居たので、その友人
も隊員として登場しているはずなんですが、これは今でも思
い出せません。

前身として、国語の時間に「詩」を作った時も、何となく創作
が好きなんだと感じたことを覚えています。それから、小説
で才能を開花させ(笑)、今こうしているのかもしれません。
どちらかと言えば、今でも「空想」の話が好きなんですが、な
ぜだか、間逆の実話ベースの小説を書いています。そこに
なにかの巡り会わせを感じずにはいられません。

ホタル通信を書きながら思ったのですが、当時の内容と全く
同じように再現できませんが、「インスタン島」を作ってみよう
かと考えています。No.535の続編と言うか、後日談的に。
T471
web拍手 by FC2

| |

« [No.1060-2]必殺技 | トップページ | [No.1061-1]昨日の敵は・・・ »

(118)通信No.451~475」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1060-2]必殺技 | トップページ | [No.1061-1]昨日の敵は・・・ »