« [No.1062-2]私も! | トップページ | [No.1063-1]縄跳びの達人 »

ホタル通信 No.472

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.596 人間のくず
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

彼が浮気をした話は事実なんですが、もし、小説上の私が
作者ではなかったら話はどうなるでしょうか?

冒頭、読者の皆さんを混乱させるような書き方をしています
が、もし、小説上の彼が“作者”だったとすれば作者は自分
のことを書いていることになります。
あえて“彼”目線で書かせてもらうと最初から友人を狙って
いたわけではなく、私を通じて友人と知りあって、いつしか
そんな関係になっていました。ですから、浮気については
結果論と言えます。

さて、目線を“私”に戻せば、そんな過去を重々しくもありな
がらもコミカルに仕上げてみました。
タイトルでもある“人間のクズ”の発言は実はありませんで
した。
この話は浮気話がきっかけで作ろうと思ったのではなく、ラ
ストの「経理上の資産」がきっかけなんですよ。当時、簿記
の資格取得に頑張っていた時期で、その時に勉強していた
知識と浮気話がなぜだか、結びついてしまって・・・それで
この話が誕生しました。
T472
web拍手 by FC2

| |

« [No.1062-2]私も! | トップページ | [No.1063-1]縄跳びの達人 »

(118)通信No.451~475」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1062-2]私も! | トップページ | [No.1063-1]縄跳びの達人 »