« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月

[No.1066-2]最後の雨

No.1066-2

「でも、こんなにしゃべったことなかったよね?」
「そう言われると・・・そうですね」

同じ部署でも、グループが違っていた。
だから、仕事上で繋がりは薄かった。

「それこそ“最後の最後に”って感じですね」
「ほんと、そうだよな」

これを“神様が与えてくれた”なんて1ミリも思っていない。
でも・・・。

「もう少しだけ、ここに居たら?ってことかもね」
「神様が気を遣ってくれたのかしら」

こんな会話が出来るところが彼女の魅力だ。
もちろん、お互い承知の上での会話だ。

「そうかもな」
「神様に感謝しなきゃ・・・ね!」

深い意味はないのは分かっている。
でも、どんな形であれ、別れはつらいものだ。

「・・・雨足が弱まってきたな」
「さすが、レーダーね」

晴れ間も見え始めてきた。

「どうする?」
「・・・そろそろ、行きますね!」

傘を広げ、一歩、足を踏み出す。

「じゃあ・・・お元気で!」
「はい!雨の日は私のことを思い出してくださいね」
S1066
(No.1066完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1066-1]最後の雨

No.1066-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
これを“粋な演出”と言って良いのか分からない。
けど、出会いと別れとは不思議なものだ。

「しばらく止みそうにないな」
「そうですね」

帰り間際に降り出した雨は激しさを増すばかりだった。
まさしく夏の夕立といった様相だ。

「ごめん!雨男なんだよ」
「それなら、私の方よ」

聞けば、彼女は雨女らしい。
雨男、雨女が揃った結果かもしれない、この雨は。

「完全に足止めをくらったな」
「これじゃ、傘があっても帰れないですね」

もちろん、無理をすれば帰れなくもない。
でも、この雨は“無理”をはるかに超えたレベルだ。

「だろうな、身の危険を感じるよ」
「確かに・・・」

とにかく、後、30分もすれば雨は止む。
そう雨雲レーダーが教えてくれていた。

「・・・いい思い出になった?」
「かもしれないですね」

彼女は今日、この職場を去る派遣さんだ。

「最後の最後でこうなるとは・・・」
「あなたのせい?」

二人で大笑いした後、しばらく雨音だけを聞いていた。

(No.1066-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1065-2]蘇るインスタン島

No.1065-2

太平洋に浮かぶ未開の島“インスタン島”・・・。
この島にはある伝説が残されていた。

伝説を確かめるべく訪れた探検家が行方不明になった。
彼を探しに送られた捜索隊も
「彼は生きている・・・でも絶対・・・ここに来てはいけない」
この無線を最後に消息不明になってしまう。
その後、何度も捜索隊を送るも誰一人戻ってこなかった。

それから十数年後・・・。
行方不明になった父を探しに、自らも探検家となった息子
がその島に上陸した瞬間にある重大な事実に気付いた。
「この島は生きている・・・」

島で何が起こっているのか、父は今でも生きているのか、
そしてある伝説とは・・・。

「・・・どう?」
「う~ん」

イマイチ反応が良くない。
色々と、気になる要素を散りばめたのに。

「子供にしては難しすぎるし・・・」

大人にしてはある意味、幼稚すぎると言う。

「なんでよ?」
「狙い過ぎよ!映画の見過ぎじゃない?」

確かにどこかで聞いたフレ-ズばかりだ

「・・・邪念が入っちゃうのよね」

やはり、子供の発想にはかなわない。

「ちなみに、その伝説ってなに?」
「島に邪念が渦巻く・・・ん?」

そんなつもりはなかったんだけど。
S1065
(No.1065完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1065-1]蘇るインスタン島

No.1065-1  [No.535-1]インスタン島

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
あれから約7年が経過している。
随分と待たせてしまった。

「えっ!?できたの?」
「ちがうちがう!構想というかあらすじと言うか・・・」

小学生の時、授業で書いた小説。
それを再現することになった。

「な~んだ、7年も待たせておいて」
「仕方ないでしょ!?」

曲がりなりにも腕は上がった。
でも、発想力は逆に下がったように思える。

「当時は怖いものなし!だったのに」
「今は構成とか伏線とか・・・」

見栄えばかりが気になり、考えがまとまらない。
それでもようやく重い腰を上げることができた。

「それで、どんな感じに?」
「あれから、もう一度、思い出したりしてさ」

同級生にも聞いてみた。
一度は話題になった小説だ・・・多少期待もあった。

「・・・覚えてなかった?」
「察しがいいね・・・」

内容どころか、そんな授業があったことすら覚えていない。
まぁ、当然と言えば当然のことだろう。

「仕方ないよ」

とにかく、当時のテイストであらすじを考えてみた。

「じゃあ、聞かせて」
「わかった」

(No.1065-2へ続く)

| | | コメント (0)

ホタル通信 No.473

ホタル通信 No.473

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.586 巨人と私
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

小説に出てくるふたつの巨大なマンションは実在しています。
そりゃもう、巨大で・・・。

そのマンションは高さもさることながら、奥行きと言えばいい
のでしょうか・・・厚みがあります。立方体を積み重ねたよう
な外観で、例えるならサイコロを4つほど積み重ねて、それ
を超巨大化させたような感じです。
別にそのマンションに恨みがあるわけでもなく、嫌な思い出
があるわけでもありませんが、その存在感に圧倒されてい
る様を描いたものです。

なぜ、圧倒されていたのか、小説ではうやむやになっていま
すが、これも事実で何か明確な不安を抱えていたわけでも
なく、ただ、ぼんやりとそう感じていた・・・というのがその答え
と言えます。
「そんなことがありますよね?」と同意を求めるつもりはない
ものの、心のどこかでは言い知れぬ不安を誰かに知って欲
しいと思う気持ちが小説になったような気もしています。

表面的には重々しい話ではありませんが、それでもコミカル
なラストにしたかったため、友人がそのマンションに引っ越す
ようなオチにしてみました。
T473
web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1064-2]羽ばたけ大空へ

No.1064-2

いつもなら息も絶え絶えのセミと出会う。
その弱々しさと言ったら・・・。

「昨日、会社に行ったら入り口のところに居たの」

自転車用の入り口にそいつが居た。
轢いてくれんと言わんばかりに、道のど真ん中に。

「まさか・・・」
「いやいや!それなら嬉しそうなわけないじゃん!」

ゆっくり走っていたこともあり、避けることができた。

「それでそのまま通り過ぎて・・・」
「自転車をいつもの場所にとめたの」

そしてそのまま職場に向かおうとした・・・でも・・・。

「なるほどね・・・戻ったんだ?」
「うん、あのままじゃ・・・ね」

自転車の餌食になるのは時間の問題だろう。

「大急ぎで入り口に向かったの」
「そしたら、やっぱりまだ居たのよね」

用心深い彼らにはあり得ない光景だと言える。
だからこそ・・・心配になったのだけど。

「で、つかもうとしたら・・・」

予想に反して、大空高く飛んで行ってしまった。

「・・・だからそれが嬉しくて」

それが最後の力だったのかもしれないけど。
S1064
(No.1064完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1064-1]羽ばたけ大空へ

No.1064-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
今年は意外なところでそいつと出会った。
危うく、そいつを轢いてしまうところだった。

「・・・どうしたの?」
「何だか嬉しそうじゃん!」

いつもなら物悲しくなるのに今日は違う。

「今年は早々に・・・」
「もしかして・・・アレ?」

毎年恒例の出来事だ。
いい加減、友人も覚えてしまったようだ。

「そう、アレ!」

毎年、夏にある出会いがある。
出会いというほど大袈裟なものではないが。

「まだ夏が始まったばかりよね?」

それはセミとの出会いだ。
それも、消えゆく命の出会いでもあった。

「そうね、でも先週から鳴き始めたから・・・」

セミの一生は短い。
いや・・・正確には地上に出てきてからが短い。

「そっか、そいつらなら・・・」
「だろうね」

ただ、今年はあることが違った。

「あること?」
「そう言えば・・・嬉しそうだったもんね」

(No.1064-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1063-2]縄跳びの達人

No.1063-2

「すごいね!」
「まぁ、昔のことだけどね」

そして、ここからが上級者と言える領域に入る。
難易度も格段に上がる。

「なんだか、ワクワクしてきたよ」
「でしょ!」

上級者は次に後ろ跳びに入る。
つまり、縄を逆回転させ、X二重などを跳んだりする。

「出来るの?」
「うん、格段に難しくなるけどね」

縄のコントロール、ジャンプのタイミングなどなど・・・。

「だろうね、何となくイメージできる」
「ただ、これでもゴールじゃないの」

そう・・・私たちが目指していたゴールはそれじゃない。

「まさか・・・オリンピック!?」

何とも壮大なジョークを放り込んできた。
でも、悪くない・・・。

「じゃなくて、三重跳びだよ」
「えっ!?三重・・・」

今までの跳び方は、言わば技術が試される跳び方だ。
でも、三重跳びは基本に磨きを掛ける必要がある。

「一回のジャンプ中に三回、縄を通過させる・・・」
「これがシンプルに難しくて」

出来たとしても、せいぜい数回レベルだった。

「それでも、跳べたんだ!?」
「まぁ、なんとかね」

その内、ブームは去り、三重跳びは未完のまま幕を閉じた。
S1063
(No.1063完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1063-1]縄跳びの達人

No.1063-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
そのブームは小学4年生の頃に突然やってきた。

「・・・縄跳び?」
「そう!出来る?」

たまたま見たテレビで縄跳びの製造過程が紹介された。
それを見て急に想い出がこみ上げてきた。

「あなたは出来るの?」
「今は・・・どうだろうね」

休み時間にもなると、皆が一斉に教室を飛び出す。
思い思いの場所で、縄跳びの練習が始まった。

「当時はね・・・」

最初の難関は二重跳びだ。
ジャンプと縄の回転のバランスが重要だ。

「へぇ~すごいじゃん!」
「こんなの、まだ序の口よ!」

次は技術を要するアレが待ち構えている。
私もしばらくはそれに苦しめられた。

「アレ?」
「そう!アレよ」

それは腕をクロスさせたまま跳ぶ“エックス二重”だ。
クロスするゆえ、“X”なのだ。

「まだまだ、あるわよ!」
「うそ!?」

次は腕をクロスさせたり、元に戻したりを繰り返す跳び方。
それは“あや二重”と呼ばれていた。

「なんで?」
「なんか、あやとりしてるみたいだから・・・じゃない?」

名前の由来は定かではないが・・・。

(No.1063-2へ続く)

| | | コメント (0)

ホタル通信 No.472

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.596 人間のくず
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

彼が浮気をした話は事実なんですが、もし、小説上の私が
作者ではなかったら話はどうなるでしょうか?

冒頭、読者の皆さんを混乱させるような書き方をしています
が、もし、小説上の彼が“作者”だったとすれば作者は自分
のことを書いていることになります。
あえて“彼”目線で書かせてもらうと最初から友人を狙って
いたわけではなく、私を通じて友人と知りあって、いつしか
そんな関係になっていました。ですから、浮気については
結果論と言えます。

さて、目線を“私”に戻せば、そんな過去を重々しくもありな
がらもコミカルに仕上げてみました。
タイトルでもある“人間のクズ”の発言は実はありませんで
した。
この話は浮気話がきっかけで作ろうと思ったのではなく、ラ
ストの「経理上の資産」がきっかけなんですよ。当時、簿記
の資格取得に頑張っていた時期で、その時に勉強していた
知識と浮気話がなぜだか、結びついてしまって・・・それで
この話が誕生しました。
T472
web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1062-2]私も!

No.1062-2

「雨男が雨に濡れるなんて・・・プッ!」
「そう笑うなよ」

でも何とも情けない話だ。

「かわいそうだから、入れてあげる」
「・・・まぁ、頼むわ」

悪いことにく、雨足が強くなってきたからだ。
夏の天気は変わりやすく、それに激しい。

「あー、こりゃ完全に夕立だね!」
「俺とは関係ないんじゃないのか?」

夏の夕立は珍しくも無い。
ましてや梅雨時だ・・・天候は不安定極まりない。

「さぁ~それはどうでしょうか?」
「是が非でも俺のせいにしたいようだな」

ただ、皆に多大な迷惑を掛けている気がする。
今も目の前を傘をささずに走り去る人が何人も居る。

「あ~ぁ、あんなに濡れちゃって!」
「こっちを見るなよ!?」

そう思いながらも、やはり心苦しさは残る。

「これからは少し遅く帰るようにしようかな・・・」
「じゃぁ、私も!」
S1062
(No.1062完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1062-1]私も!

No.1062-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
夏の天気は変わりやすい。
でも、ここまで偶然が続くとさすがに嫌気がさす。

「あら?降ってきたわね」
「何だよ!?」

彼女がこちらをチラリと見る。
傘を用意しろと言う合図ではないことは分かっている。

「これで5日連続ね」
「わざわざ数えなくていいの!」

自称“雨音”が、今や自他共に認める“雨男”になった。

「でも、大丈夫!」
「・・・だろうね」

彼女がかばんから傘を取り出す。

「あなたと帰るときは必需品ね」
「何だよ、普段から持ち歩いているくせに」

とにかく、昨日も今日も、その前も雨が降ってきた。
外に出た途端に・・・。

「それにしても見事よね」
「ここまでの雨男、初めてだよ」

褒められているのか、けなされているのか・・・。
ただ、当の本人は傘を持っていない。

(No.1062-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1061-2]昨日の敵は・・・

No.1061-2

「まるでなつく気配がないのよね」

猫の扱いに慣れているつもりだ。
野良とだって結構、仲良くもなれる。

「よほど何かされたのかしら?」

その可能性は否定できない。
前脚が若干、不自由な感じがする。

「顔を見るたび、睨まれてるし・・・」

でも、そんな時、あることがおきた。

「えっ・・なに?」
「その猫が見慣れない猫とケンカしてたんだよね」

普段は“いかつい”その猫が、相手に圧されているようだった。
そもそも、からだが万全じゃない。

「で、どうなっちゃったの?」
「やっぱり、負けた?」

そんな時、あることを思い付いた。

「・・・それって」
「そう!援軍よ!」

お互い知らない顔じゃない。
ここはひとつ、その猫の肩を持つことにした。

「そしたらさぁ!」

実家の猫を思い出させる張り切りようだった。

「私の登場に相手の猫もビビッたようだったし!」

それからと言うもの、何だか距離が縮まった気がする。
S1061
(No.1061完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1061-1]昨日の敵は・・・

No.1061-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
猫好きなら知っている“あるある”だろう。
実家の猫もそうだった。

「うちの猫もそうだったよ」
「笑えるよね」

うちの猫は外でよくケンカをしていた。
特に珍しいことではない。

「ほんと!私が顔を出したら急に・・・」
「強がっちゃうもんね!」

やはり飼い猫だ。
元野良とは言え、現役の野良には勝てないだろう。

「私の顔を見た途端、張り切っちゃってさ」
「そうそう!それが可愛いところでもあるんだけど」

今まで以上に声を荒げ、相手を威嚇する。
私の方をチラチラ見ながら。

「いいとこ見せようとしてるのかな?」
「かもしれないね」

こちらが優勢にはなるが、それは私の影響だ。
相手の猫は、私にビビッている。

「それで、最近も同じようなことがあって」
「えっ!?猫、飼ってないよね?」

飼ってはいない。
実家の猫も随分前に死んでいる。

「野良よ、野良!」
「・・・野良?」

家の近くに野良猫が数匹棲みついている。
ただ、その内の一匹がやたら警戒心が強い。

(No.1061-2へ続く)

| | | コメント (0)

ホタル通信 No.471

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.535 インスタン島
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性

文才があるかどうかは別にしても記念すべき処女作がこの
「インスタン島」でした。

小説では全く覚えていないことになっていますが、実はごく
一部なら覚えています。
隊長の名前は「やかんひでき」でした。やかん・・・そう、あの
やかんです。インスタン・・・と言うだけあって何ともイージー
なネーミングです。小学生が考えることですから、こんな程
度でしょう。ひできは当時、仲が良かった友人の名前です。
そう考えると、もうひとり仲が良い友達が居たので、その友人
も隊員として登場しているはずなんですが、これは今でも思
い出せません。

前身として、国語の時間に「詩」を作った時も、何となく創作
が好きなんだと感じたことを覚えています。それから、小説
で才能を開花させ(笑)、今こうしているのかもしれません。
どちらかと言えば、今でも「空想」の話が好きなんですが、な
ぜだか、間逆の実話ベースの小説を書いています。そこに
なにかの巡り会わせを感じずにはいられません。

ホタル通信を書きながら思ったのですが、当時の内容と全く
同じように再現できませんが、「インスタン島」を作ってみよう
かと考えています。No.535の続編と言うか、後日談的に。
T471
web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1060-2]必殺技

No.1060-2

「これってゲームなのか?」
「そうよ!超絶アナログだけどね」

ノートの上下に双方、軍艦を書く・・・何隻書くかはルール次第だ。
言わばノートの真ん中は主戦場だ。

「それで?」
「ここに主砲があるでしょ?」

軍艦を書いたら次に主砲を書く。
これも何個書くかはルール次第だ。

「分かったぞ!鉛筆の線は発射された玉なんだな?」
「その通り!」

鉛筆の先を主砲の先にあてる。
そして、鉛筆を人差し指一本で立てる。

「なるほどな・・・それで主砲、発射!ということか?」
「そうだよ、見てて!」

立てた鉛筆を勢い良く、相手の軍艦めがけて滑らせる。
そうすると、主砲から玉ならぬ、“線”が発射される。

「でも、一度では相手に届かないから」

発射した線の終わりから同じように続けて行く。

「なるほど!」
「狙いは艦体ではなく、主砲ね!」

主砲が全て破壊されると、撃沈となる。

「なんだよ、このチープな感じ・・・」
「でも、ワクワクしてくるでしょ?」

これが意外に面白い。

「見てて私の必殺技・・・そりゃぁ!」
S1060
(No.1060完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1060-1]必殺技

No.1060-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「これ何だと思う?」
「・・・何だよ、それ」

押入れから子供の頃のガラクタがいくつか出てきた。
多分、小学生の時の物だろう。

「単なる落書きか?」
「まぁ、遠くはないけど・・・違うよ」

それは、ちぎったノートに鉛筆で書かれている。
一発で当てられる人はそういないだろう。

「直線がいっぱい書かれてるし・・・」
「ん?これは船か?」

ようやくいいところに気付き始めた。

「そう!船だよ」
「でも、船は船でも・・・」

普通の船じゃない。

「普通じゃない?」
「豪華客船か?」

ヒントはその直線にある。
その直線がどこから描かれているのかが重要だ。

「・・・もしかして、軍艦か?」
「あたり~!」

ノートの上と下に書かれているのは軍艦だ。
下手ではあるが。

「これは・・・砲台?」
「そうだけど、主砲と言って欲しいわね!」

彼がポカンと口を開けている。
無理も無い・・・よほど女子とはかけ離れた話だからだ。

(No.1060-2へ続く)

| | | コメント (0)

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »