« [No.1054-2]数字当てゲーム | トップページ | [No.1055-1]メールの相手 »

ホタル通信 No.468

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.434 君と僕
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

実に分かり難い小説です。自己満足と言うか、読み手のこと
を考えていません。でも、これが冬のホタルなんです。

要点をまとめるとこうです。
反対側のホームに立つひとりの女性と目があった・・・これを
きっかけにぼんやりと奈央のことを思い出す。そう言えば、い
つもホームでこんなやり取りがあったね、と。
居眠りをして夢を見ていたわけではなく、前述したようにただ
ぼんやりと頭の中に浮かんできた光景です。一言で表せば
白昼夢と言えるかもしれません。

奈央とのやりとりは事実です。いつもそんな感じでしたね。
ホームで待ち合わせてホームで別れる・・・楽しくもあり、寂し
くある・・・自分の中の“ホーム”とはそんな場所でした。
駅のホームでとある女性と一期一会のような出会いをしたこ
とで、閉じ込めていた想いが溢れ出てきました。

冒頭、書いたように読者を無視した自己満足の小説ですが、
これぞ冬のホタルの醍醐味です。
自分で言うのも何ですが、今はそれほどクセがない小説しか
書けていません。スランプではないんですが(笑)
T468
web拍手 by FC2

| |

« [No.1054-2]数字当てゲーム | トップページ | [No.1055-1]メールの相手 »

(118)通信No.451~475」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1054-2]数字当てゲーム | トップページ | [No.1055-1]メールの相手 »