« [No.1056-2]足元の缶 | トップページ | [No.1057-1]導かれるもの »

ホタル通信 No.469

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.526 おめでとう
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

割と最近、同じように“誕生日おめでとう”メールを多くの契約
先や会員登録先からいただきました(笑)

今更、誕生日を祝って欲しいとか、それこそ「おめでとう!」と
誰かに言われたいわけではありませんが、気付けば誕生日
を祝ってくれるのは、社交辞令ばかりだった・・・というのが、
今回の小説です。
社交辞令とは言え、パソコンの壁紙をプレゼントしてくれたり
何らかの特典が用意されていたり。ですから、社交辞令・・・
と言うには少し気が引ける部分もあり、よほど心がこもって
いると言えるかもしれませんね。

今回の小説は私が言うところの“商業的な小説”であり、読み
やすい一方で、刺々しい部分がなく、まさしく心に何も刺さりま
せん。事実に近い小説とは言え、もう少し、方向を変えて作っ
ても良かったかもしれません。

契約や会員登録は毎年少しずつ増えているので、おめでとう
メールも増えています。
「うっとうしいな!」と思いつつ「祝ってくれるのはメールだけだ
ね」とちょっと寂しい部分もある、今日この頃です。
T469
web拍手 by FC2

| |

« [No.1056-2]足元の缶 | トップページ | [No.1057-1]導かれるもの »

(118)通信No.451~475」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1056-2]足元の缶 | トップページ | [No.1057-1]導かれるもの »