« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月

[No.1052-2]愛情

No.1052-2

「えー!?なにクラブに?」
「園芸部」

逆に部活には園芸部はなかった。
授業専用のクラブだった。

「渋っ!」
「あはは、だろうね!」

園芸部に行きたかったわけじゃない。
他に行くところがなかったのが、正直な気持ちだ。

「さっきも言ったように」
「球技は苦手だし、他の文系もクラブもさぁ・・・」

デザインやら何やら、才能を試されるクラブばかりだった。

「園芸関係の人が聞いたら怒られるわよ」
「かもなね」

でも本当にそうだ。
実際、そんな楽なクラブではなかった。

「花や植物を植えるだけだろ?って思ってたからさ」

それに、何よりも僕に欠けていたものがあった。

「欠けていたもの?」
「何だと思う?」

もしかしたら、一番必要なものかもしれない。
それが僕には無かった。

「えっー!何だろう・・・」
「まぁ、考えておいて」

ここで即答するのはちょっと照れくさく感じたからだ。

「人に対しても必要なものだよ」
S1052
(No.1052完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1052-1]愛情

No.1052-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「学生時代、クラブ活動してた?」
「私?高校3年間、テニス部だったよ」

僕は陸上部に入っていた。
同じく、3年間続けた。

「それが何が?」
「説明しにくいんだけど・・・」

普通、部活は放課後に行う。
それは全国共通だと思う。

「まぁ・・・そうね、朝練とかはおいといて」
「うちの学校、それ以外にね」

授業の一環として、部活の時間があった。
国語や数学と同じ並びで。

「週に一度・・・金曜日だったかな?」
「へぇ~そうなんだ」

どうしてそれが設けられたのか理由は不明だ。

「多分、帰宅部対策と言うか」
「そうね、強制的に何らかのクラブに属させて・・・」

それも教育の一環と理解はできる、今なら。

「その授業のクラブも陸上部だったの?」
「ううん、それが・・・」

なぜか、陸上部はなかった。
確か、サッカーや野球部はあった記憶がある。

「じゃあ、なにクラブに入ってたの?」
「それが問題で」

球技は苦手としていた。
だから、1年生の時は、あるクラブに逃げてしまった。

(No.1052-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1051-2]ある映画のヒロイン

No.1051-2

「中学生の頃、友達同士でさぁ・・・」
「好きなタレントの話題が出たんだ」

当時はアイドル全盛期とも言える時代だった。
もちろん、僕にも好きなアイドルが居た。

「けど、それじゃ面白くないと思って」
「男子ってそんなとこ、あるよね?」

当時、流行り掛けていたある映画のヒロインに目を付けた。
可愛いというより、10代なのに完成された美人だった。

「確かに10代とは思えない魅力ね」
「だろ?だから・・・」

つい、彼女の名前を出してしまった。
そしたら・・・。

「話が盛り上がった?」
「そりゃもぉ!」

その映画は、思春期の男女を描いたものだった。
だから、色々なことが僕の心に突き刺さっていた。

「それでだんだんと意識するようになって」
「本当に好きになっちゃったのね」

続編も作られ、主題歌もヒットした。
それが映画をより盛り上げたとも言えよう。

「今でも歌えるよ」
「英語だけに歌詞は“雰囲気”だけどね!」

パンフレットをもう一度、手に取る。
甘酸っぱい青春時代がよみがえってきた。
S1051
(No.1051完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1051-1]ある映画のヒロイン

No.1051-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「懐かしいね、これ!」
「あっ・・・ほんとだ」

実家から送られてきた荷物の中にそれがあった。
それにしてもよく捨てずにとってあったものだ。

「映画に行ったの?」
「どうだったかな・・・」

パンフレットがあっても見に行ったとは断言できない。
もらい物の可能性もあるからだ。

「ただ、その映画のヒロインが」
「好きだったの?」

間髪入れずに質問してきた。
別に珍しい話ではない、でも・・・。

「ませてたのね!」
「そう言うと思ったよ・・・」

ヒロインを好きなる。
言い換えれば、その女優を好きになるのと同じだ。

「だって外人さんなんだもん!」
「仕方ないだろ?」

最初はそれほど好きではなかった。
それが、ひょんなことから意識するようになった。

「きっかけがあったの?」
「あぁ、一言で言うなら・・・」

“大人ぶっていた”と思う。
背伸びをしたい年頃だったこともある。

(No.1051-2へ続く)

| | | コメント (0)

ホタル通信 No.466

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.428 ロンサム・シーズン
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

実話度は低めですが、当時の心境と言うか事実をある歌詞
に引っ掛けてみました。

ある歌の歌詞・・・すでに答えが書いてあるのでクイズにもな
っていませんが「さて、どちらの歌手が歌ったものが小説の
ヒントになっているでしょうか?」と問いかければ多少、クイズ
になるかもしれませんね。

当時、付き合っていた彼がいた。でも、なかなか先に進めな
くてヤキモキしていた女心を描いたものです・・・が、あえて
皆さんを惑わせるとすると作者は“彼”の方かもしれません。
つまり、ヤキモキさせていた側・・・ということになりますね。
実はこれを紐解く小説を書いており、その小説とセットにして
読むと作者の人物像が分かるかも?しれません(笑)

「事実は小説より奇なり」と言われることがありますが、この
小説でも事実の方がよりリアルなことが起こっていました。
実際は手紙ではなく、口頭で“それを”言ったんですよね。
まぁ、小説ほどストレートではありませんでしたが。
ですが、小説の通り、それは叶わず・・・そして、その歌詞と
出会うことになったわけです。
T466
web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1050-2]母の日

No.1050-2

「だから、今年もやめておくよ」
「その方がいいかもね」

母の日には毎年、花を欠かせなかった。
花束もあれば、鉢植えの時もあった。

「たしか、結婚してからだったよね?」
「うん、だから・・・」

かれこれ・・・年ほど続けたことになる。
それが、去年、途絶えた。

「来年はどうする?」
「そうだね・・・」

受け取る人が居ない方がより贈りたくなる。
何とも不思議な感覚だけど。

「まぁ、“エア母の日”ってのもありだろ?」
「あはは!いいかも!」

もちろん、ケチりたいわけじゃない。
それを選んでいる時間が大切なんだ。

「とにかく・・・2回目だね」
「そうだな」

この日くらい、ちょっと涙してもいいよね?
S1050
(No.1050完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1050-1]母の日

No.1050-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
今年で2回目の母の日になる。

「そうだね・・・2回目だね」

他人が聞けば“母の日初心者”と思うだろうか?
2回目というくらいだから。

「でも、違うんだよね~」
「あはは!たしかにね」

今年は何を贈ろうか・・・今でも迷っている。

「やっぱり、無難に花かな?」
「そうね・・・」

一応、悩む振りをしてみる。
実は去年もそうだった。

「でも、やっぱり・・・」
「贈らない?」

贈りたい気持ちはある。
受け取る本人が居ないとしてもだ。

「ただ、父がさぁ・・・」

今でも元気がない。
そこにきて、強烈に思い出させてしまうだろう。

(No.1050-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1049-2]答えが来る

No.1049-2

「さっきからニヤニヤして・・・」
「だって、思い出しちゃってさ!」

彼女を待つ男子高校生・・・と言うシチュエーションだ。
どうやら同じ高校ではないようだ。

「彼女を待ってたのか?」
「友達を待っていたように見える?」

その違いは一目で分かる。
しきりに髪を気にして、待っている姿がどこかキザだ。

「よく見てるな!?」
「女性ならごく当たり前の観察眼よ、それにほら!」

予想通り、あの子がその男子の前で立ち止まった。
そして仲良く電車に乗り込んだ。

「ほんとだ・・・」
「でしょ?」

私も同じようなことを経験した。
残念ながら、目の前の人と。

「ん!?何か言ったか?」
「いいえ、何も」

私の場合、彼をしばらく観察していた。
私を待っている時の彼を知りたかったからだ。

「なんだよ・・・またニヤニヤして・・・」
「別に!」

だって、さっきの男子と全く同じなんだもん。
S1049
(No.1049完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1049-1]答えが来る

No.1049-1

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「ふふふ・・・」
「何だよ、気持ち悪い」

人が居なかったら、一発殴っているところだ。
今は大人しくしておこう。

「向こうの男子、なにしてると思う?」
「何って・・・スマホいじってるだけだろ?」

まぁ、難しい質問だとは思う。

「電車が到着してるのに乗り込まない」
「そして周りをキョロキョロ・・・」

このヒントで答えが分かるとは思っていない。
自分で自分は見えないからだ。

「いきなり、クイズかよ!?」
「早くしないと“答えが来ちゃう”わよ」

彼がキョトンとしている。
我ながら“答えが来る”とは名言だ。

「何だよ、それ!?」
「さぁ、はやくはやく!」

そうこうしている内に、答えらしき人が近づいてきた。
スマホを片手に足取りが軽い。

「多分、あの子が答えよ」
「あの子!?」

その男子も“あの子”に気付いたようだ。
そしてスマホをいじる手が止まった。

(No.1049-2へ続く)

| | | コメント (0)

ホタル通信 No.465

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.427 二枚の写真
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

実話度が高い割に、タイトルだけでは内容が思い出せません
でした。振り返れば昔々の出来事です。

フィルムカメラならいわゆる“焼き増し”をしないと複製するこ
とは出来ませんが、デジタルカメラなら簡単です。コピーを消
し忘れていた写真を見つけた所から物語が始まります。
彼女は、個撮モデルのような仕事をしていました。したがって
メジャーなモデルではありませんでした。
そんな彼女とヒョンなことで知り合い、時々、会うようになりま
した。仕事でもなく、プライベートでもなく・・・丁度、中間あたり
の立ち位置でしたね、お互い。

そのため、小説の出来事も仕事のようなプライベートのような
何とも不思議な感覚でした。お互い、深いところには踏み込め
ない理由もあったので必然的にそうなったと思います。
普段はスッピンに近いほど、まるで化粧感がない彼女ですが
いざ、撮影ともなると別人かと見違えるほどです。
ただ、小説のラストにも書いてある通り、彼女の場合、モデル
はまさしく生きていくための、仕事でした。一言であらわせば
波乱万丈の人生だったので、彼女は容姿を武器に生き抜いて
きたとも言えます。

冒頭に書いた通り、今となっては昔々の話です。でも、彼女が
今、どこで何をしているか・・・気にならないわけはありません。
T465
web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1048-2]二十四の瞳

No.1048-2

「そう言えば・・・」
「そうやね」

先生を目指していたと聞いたことがあった。
確か、音楽の先生だった。

「昔の話やね」
「昔、昔のね」

挫折したわけじゃない。
“色々あった”からだ。

「まぁ、選択肢は無限にあるさ」
「かもしれんな」

その“色々”に僕も少なからず関係している。
いや・・・。

「後悔は?」
「してるわけないやん!」

その言葉に嘘はないと思う。
でも、今、なぜ、その本なんだろうか?

「その本、買ったの?」

そう言えば肝心なことを聞いていなかった。

「買ったよ、随分前やけどな」

と言うことは今、引っ張り出して読んでいることになる。

「・・・そっか」

それが何を意味しているか、僕にはわからない。
けど、二つの瞳は輝いて見える。

「なに見てんねん!恥ずかしいやろ」
S1048
(No.1048完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1048-1]二十四の瞳

No.1048-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「珍しい本、読んでるな?」
「珍しい!?」

彼女の顔がみるみるうちに険しくなる。
理由は・・・今、気付いた。

「なに言うてんねん!」
「名作やろ!?」

もちろん、その本が名作なのは僕でも知っている。
ちょっと言い方を間違えただけだ。

「ごめんごめん!」
「“珍しいな、本を読むなんて”と言おうとしたら・・・」

なぜか言葉が繋がってしまった。

「ほら、あまり本を読んでいるイメージがないから」
「・・・せやな」

あっさり認めるところも彼女らしい。

「急に読みたくなったんや」
「そうなんだ・・・」

でも、それがなぜ“二十四の瞳”なのか・・・。
それは大きな謎だ。

「ちなみに内容は知ってたの?」
「全然、知らん!」

偶然、手にしたとすればある意味、引きが強い。
彼女と全く無関係とは言えない本だからだ。

「で、どこまで読んだの?」
「半分くらいやろか」

確かに丁度半分くらいに見える。

(No.1048-2へ続く)

| | | コメント (0)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »