« [No.1044-2]今も謎 | トップページ | [No.1045-1]そこに立つ »

ホタル通信 No.463

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.545 ロボットの恋
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

まれに出てくる夢の話です。夢をテーマに・・・ではなく、本当
に見た夢をそのまま書くことがあります。

今となってはさすがに詳細は覚えていませんが、確かにこの
ような夢を見て、当時は鮮明に覚えていました。ロボットの彼
がどこまでロボットのようだったのかも正直覚えてはいません
が、マネキンに近かったような微かな記憶が残っています。
そのロボットは実はまったく知らない人でした。小説の中では
私と会話をしている人だということになっていますが、これは
あくまでもオチをつけるための演出でした。

時々、ありますよね?ロボットではないにせよ、全くの見ず知
らずの人が夢の中に出てくる・・・「もしかしたら、これから出会
う運命の人?」なんて淡い期待もしたりします。
けど、結局はそんなこともなく「あの人は本当に誰だったんだ
ろ?」と、若干、オカルト気味な不思議感が残ります。
街角のどこかで会っていたのかもしれませんが、それなら逆
に「普段良く会っている人が夢に出てこないのはなぜ?」夢と
は何とも不思議なものですね。

前述した通り、オチはいつものパターンですかね。都合よく夢
にオチが付くはずもなく、ここは人力で締めくくりました。
T463
web拍手 by FC2

| |

« [No.1044-2]今も謎 | トップページ | [No.1045-1]そこに立つ »

(118)通信No.451~475」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1044-2]今も謎 | トップページ | [No.1045-1]そこに立つ »