« [No.1042-2]不安の象徴 | トップページ | [No.1043-1]私たちも »

ホタル通信 No.462

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.525 鶏が先か卵が先か
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

書いてあることは事実なんですが、このような会話が交わさ
れたわけではありません。

小説に書いてあるアイドル・・・年齢が分かってしまうので、
あえて伏せさせてもらいます。ちなみに話の牽引役は男性に
なっていますが、実際は女性かもしれませんよ。その意味で
も、アイドルの名前を書いてしまうと作者の素性がバレてしま
うので(笑)
実は今でも顔の好みは変わっていません。意識しているつも
りはなくても、気付けばそのアイドルと似ている人を好きにな
っています。多分、このアイドルを好きになった頃から、顔の
好みが決まったような感じがあります。

ただ、それがアイドルが起源なのか、それとも別の何かに影
響を受けた結果なのか・・・それは今でも分かりません。
今回の小説は、このようなことを面白おかしく書いてみました。
現彼女の立場で考えてみれば、決して気持ちのいい話ではな
いかもしれません。
似ていること自体は何も問題はないのでしょうが、似ているこ
とが好きの基準であり、考えようによってはアイドルの代替品
のようにも捉えることができます。

ラストはそんな彼女の追及をかわすために、目に入った週刊
誌の見出しを読み上げてみました。
この“新種”については本当に週刊誌の見出しとして書かれて
いたものを採用したんですよ。
T462
web拍手 by FC2

| |

« [No.1042-2]不安の象徴 | トップページ | [No.1043-1]私たちも »

(118)通信No.451~475」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1042-2]不安の象徴 | トップページ | [No.1043-1]私たちも »