« [No.1046-2]夜の猫 | トップページ | [No.1047-1]赤いレモン »

ホタル通信 No.464

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.589 後先考えて
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

実話度は低いですが、当時の心境・・・正確に言えば今もそ
うかもしれない、心の声を形にしたものです。

作者の性別や年齢はさておき、明らかに行動が臆病になっ
ています。それが“大人な社会人”と言えば、聞こえが良い
のでしょうが、がむしゃらだったあの頃・・・今でもよく覚えて
います。
若い頃は若さゆえの行動も、当時の上司は許してくれて逆
にそれを褒めてくれました。小説に書いた通り、色々な迷惑
を掛けたのも事実ですが。それでも随分と可愛がってもらっ
たものです。その上司にとっては娘や息子のように映ってい
たのかもしれませんね。

さて、そんなこんなな出来事をちょっとビジネスタッチで描い
ています。丁度、その頃、プレゼン資料を作っていたことも
あって、当たり障りのない内容に自分自身でも嫌気がさして
いました。
社会や会社を理解すればするほど、どんどん普通の人に
なって行って、「若き頃のアイデアに満ち溢れていた自分は
何処に?」なんて状態です、今は(笑)

でも、その“火”は消えていないということも言えますね。
別に大した野心も冒険心も持ち合わせてはいませんが、い
つか、その火が再び大きく燃えんことを願っています。
T464
web拍手 by FC2

| |

« [No.1046-2]夜の猫 | トップページ | [No.1047-1]赤いレモン »

(042)小説No.1026~1050」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1046-2]夜の猫 | トップページ | [No.1047-1]赤いレモン »