« 2021年3月 | トップページ

2021年4月

[No.1047-2]赤いレモン

No.1047-2

「大丈夫なの?」
「も、もちろんよ!」

それ以来の栽培だが勝算はある。
家庭菜園の知識も増え、ゴーヤなら成果も出せている。

「ゴーヤとトマトじゃ比較にならないよ」
「えへへ・・・やっぱり?」

私の影響で友人も家庭菜園の知識を持つようになった。
言う通り、確かに違う・・・いや、大きく違う。

「今年は準備万端で行くわよ!」
「まぁ、期待せずに待ってるわ」

種からではなく、苗を買ってくるつもりだ。
何本も育てるつもりはないので。

「まずは1本だけ・・・育ててみるわ」
「そうだね、それがいいかも」

リスクもあるが、1本に集中することにした。
もちろん、ゴーヤを育てながら。

「じゃあ、今年の冷やし中華・・・」
「もちろん!自家製トマトで!」

とにかく、週末はゴーヤの種まきだ。
そして、トマトの苗も買いに行こう。

「土の準備は?」
「バッチリよ!」

これから忙しくなりそうだ。
もちろん、それも楽しさの一部だと言えよう。

「じゃ、たまに生育状況を知らせてよ?」
「了解!」

我が子同然に可愛がってくれる親戚のおばさん・・・。
友人はそんなポジションなのかもしれない。
S1047
(No.1047完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1047-1]赤いレモン

No.1047-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
そろそろ今年も始めようと思う。

「えっ!?まだ正月気分?」
「あのね・・・」

冗談ではなく、本気でそう言うからたちが悪い。
さすがの私もそこまでのんびりはしていない。

「じゃあ、何を?」
「そろそろ覚えてよね!?」

それをかれこれ10年くらい続けている。
春の恒例行事と言ってもいいだろう。

「・・・なんだ、アレか!」
「わざわざ“アレ”って言う必要ある?」

いちいち面倒な友人だ。
周りに人がいたら聞き耳を立てられそうだ。

「アレはアレじゃん!」
「はいはい・・・」

ようやく気温も落ち着いてきた。
今週の週末あたりが良いだろう。

「今年は何にするの?」
「いつものアレと・・・」

友人につられて、自分も“アレ”と言ってしまった。
アレとはゴーヤのことだ。

「他には?」
「うん、今年はトマトに再チャレンジしようかと思って」

家庭菜園を始めたころ、トマトを育てたことがあった。
けど、見事に失敗した。

「強烈に酸っぱかったよね」

それはトマトではなく、赤いレモンだった。

(No.1047-2へ続く)

| | | コメント (0)

ホタル通信 No.464

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.589 後先考えて
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

実話度は低いですが、当時の心境・・・正確に言えば今もそ
うかもしれない、心の声を形にしたものです。

作者の性別や年齢はさておき、明らかに行動が臆病になっ
ています。それが“大人な社会人”と言えば、聞こえが良い
のでしょうが、がむしゃらだったあの頃・・・今でもよく覚えて
います。
若い頃は若さゆえの行動も、当時の上司は許してくれて逆
にそれを褒めてくれました。小説に書いた通り、色々な迷惑
を掛けたのも事実ですが。それでも随分と可愛がってもらっ
たものです。その上司にとっては娘や息子のように映ってい
たのかもしれませんね。

さて、そんなこんなな出来事をちょっとビジネスタッチで描い
ています。丁度、その頃、プレゼン資料を作っていたことも
あって、当たり障りのない内容に自分自身でも嫌気がさして
いました。
社会や会社を理解すればするほど、どんどん普通の人に
なって行って、「若き頃のアイデアに満ち溢れていた自分は
何処に?」なんて状態です、今は(笑)

でも、その“火”は消えていないということも言えますね。
別に大した野心も冒険心も持ち合わせてはいませんが、い
つか、その火が再び大きく燃えんことを願っています。
T464
web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1046-2]夜の猫

No.1046-2

「いつものことだけど」
「今日は特に多かったな」

場所が場所だけに寄ってくるのだろうか?
こんないい匂いがすれば猫も黙ってはいない。

「みんな仲良く座ってたよ」
「不思議よね」

夜になると俗に言われる集会が始まる。
お互い微妙な距離をとって佇んでいる。

「昼間ならケンカが始まるのにね」
「そうそう!」

昔、実家で飼っていた猫もそうだった。
私が顔を出すと急に強気になって・・・。

「どうしたの?」
「目が潤んでいるよ?」

思わぬところで思い出してしまった。

「あっ・・・うん、ちょっとね」
「あれ?あなたも目が赤いよ」

友人も何かを思い出して潤んでしまったのだろう。

「これ?さっき外で猫たちと飲んでたの」
S1046 
(No.1046完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1046-1]夜の猫

No.1046-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ねぇねぇ~聞いてぇ~!」
「また猫の話?」

友人が猫なで声を出しているからではない。
動かぬ証拠があるからだ。

「なんで分かったの!?」
「あのね・・・」

三流の探偵でもすぐに分かる。
その位、簡単だということだ。

「服、見てよ」
「服?あぁ・・・なるほどね」

ここに来る途中に“いっぱい”じゃれあったのだろう。
猫の毛がびっしりと付いている。

「一応、居酒屋さんなんだからね!」
「分かってるわよ、手は洗いました!」

いつもこんな調子だ。
不潔とは言わないが、相手は野良なので。

「それなら良いけど」
「で、どんな話?」

私も嫌いではない。
むしろ、彼女が持ち込む話題に興味がある。

(No.1046-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1045-2]そこに立つ

No.1045-2

「もぉー!どうでもいいから早く撮ってよ」
「仕方ないなぁ・・・」

どうして、こう撮られるのが好きなんだろう?
僕なら絶対、お断りだ。

「じゃあ、撮るよ」
「・・・どれどれ」

思いのほか、綺麗に撮れている。
人物と桜のバランスもいい。

「なに浸ってるのよ?」
「早く見せて」

スマホの画面を見せる。

「ふ~ん・・・なかなかいいわね」
「俺の腕がか?」

“違う!”と言わんばかりに睨まれた。
いいのは、自分自身らしい。

「まぁ、あなたの腕も褒めてあげるわ!」
「そりゃどうも!」

そう言えば、毎年こんなやりとりが行われている。
どうやら、騒がしく見るのが僕らの定番らしい。

「ほら!早く早く!次、行くわよ!」
「ちょ、ちょっと!」

僕の腕を掴み、前を歩き始めた。

「はい、次はここで!」
「りょーかい・・・」

一見すると強引で無頓着そうな彼女だ。
でも、足元に咲く、小さな花をしっかり避けてそこに立つ。
S1405
(No.1045完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1045-1]そこに立つ

No.1045-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「わぁ・・・きれいだね!」
「いつものことだろ?」

毎年、今時期になると桜で有名な場所を訪れる。
そして、いつものごとく・・・。

「もぉ!冷めてるわね!」
「だっていつものことだろ?」

年に一度とは言え、毎年、同じ光景が繰り返される。
決してうんざりしているわけではないが・・・。

「ほら見てよ!?」
「白とピンクのバランスがさぁ・・・」

去年もそのセリフを聞いた。
いや・・・正確には一昨年も、さらにその前も。

「そんなこと言うと嫌われるわよ?」
「ほんとのことだろ?」

毎年、誘われるものの、あまり乗り気ではない。
でも、別に桜が嫌いなわけではない。

「なんかこう・・・春になったら」
「みんな桜、桜って」

早い話、天邪鬼とでも言えばよいのだろうか?
人の集まる場所が好きではない。

「みんな浮かれちゃってさ!」

天邪鬼というより、ひねくれ者の方が似合う。

「ひねくれ者ね!」
「自覚してるよ」

本当は人一倍、はしゃぎたいのかもしれない。
特に今日みたいな暖かい日の午後は。

(No.1045-2へ続く)

| | | コメント (0)

ホタル通信 No.463

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.545 ロボットの恋
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

まれに出てくる夢の話です。夢をテーマに・・・ではなく、本当
に見た夢をそのまま書くことがあります。

今となってはさすがに詳細は覚えていませんが、確かにこの
ような夢を見て、当時は鮮明に覚えていました。ロボットの彼
がどこまでロボットのようだったのかも正直覚えてはいません
が、マネキンに近かったような微かな記憶が残っています。
そのロボットは実はまったく知らない人でした。小説の中では
私と会話をしている人だということになっていますが、これは
あくまでもオチをつけるための演出でした。

時々、ありますよね?ロボットではないにせよ、全くの見ず知
らずの人が夢の中に出てくる・・・「もしかしたら、これから出会
う運命の人?」なんて淡い期待もしたりします。
けど、結局はそんなこともなく「あの人は本当に誰だったんだ
ろ?」と、若干、オカルト気味な不思議感が残ります。
街角のどこかで会っていたのかもしれませんが、それなら逆
に「普段良く会っている人が夢に出てこないのはなぜ?」夢と
は何とも不思議なものですね。

前述した通り、オチはいつものパターンですかね。都合よく夢
にオチが付くはずもなく、ここは人力で締めくくりました。
T463
web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1044-2]今も謎

No.1044-2

最初はゲームのためだと思っていた。
実際、彼女も僕もそのゲーム暦は長い。

「でも、僕が嫌いになったら・・・」

クローバーさえ、送ることも求めることもないと思う。
それなら他のプレーヤーにすれば良い。

「けど、今は僕だけだから仕方なく?」

比較的、難しいゲームだ・・・途中でやめた人も多い。
実際、身近では僕と彼女しかプレイしていないようだ。

「ただなぁ・・・」
「嫌いな人に送るのかな?」

もしかしたらそれはそれと割り切っているのかもしれない。
ゲームのためなら・・・と。

「まぁ、それ以外は連絡ないしな」

試しに正月にLINEを送った。
“謹賀新年”のスタンプだけを。

「見事に既読スルーされたよな」

予想はしていた。
けど、淡い期待もしていた。

「そして今も・・・」

クローバーの到着を知らせるメッセージが届いた。

「う~ん、謎だぁ!」
S1044
(No.1044完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1044-1]今も謎

No.1044-1

登場人物
男性=牽引役
-----------------------------

「・・・どう判断したらいいんだろうね?」

投げかけてはいるが相手は居ない。
ただの僕の独り言だ。

「まだ許してくれてないんだろうな・・・」

1年ほど前、知り合いの女性と口論してしまった。
正確に言えば、LINE上の文字でだ。

「あの時は言い過ぎたよな」

罵倒したのではない。
仕事上のアドバイスの度が過ぎた。

「ましてや女性の心理も理解せず・・・」

一番、嫌われる口論だと後で知った。
そこから、LINEでのやり取りが途絶えた。

「けどなぁ・・・」

今までのように文字や写真が届くことはなくなった。
でも、あるものだけは今でも届いている。

「そんなにゲーム好きだったかな?」

そのゲームは基本、無料で遊べるスマホゲームだ。
その中で、“クローバー”と呼ばれるものがある。

「これにどんな意味が・・・」

そのクローバーがあれば、すぐに1回プレイができる。
彼女はそれを毎日、送ってくるし、求めてもくる。

(No.1044-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1043-2]私たちも

No.1043-2

「私たちもそうだったね」

希望や不安に満ち溢れていた。
おかしな表現だけど。

「でも、あなたに出会えてよかったよ・・・」
「なによ、気持ち悪いわね」

こんな悪態をつけるのも、友達だからだ。
お互いの手の内は知っている。

「最初はギクシャクしてたもんね」
「そうそう!」

友達になれそうでなれない時期がしばらくあった。

「だから一気に友達になれたよね」
「今までの時間を取り戻すかのように」

それからは怒涛のごとく仲良くなった。
そして、今に至る。

「繰り返すようだけど・・・」
「ほんと、制服が眩しいね!」

確かに、その集団に圧倒される。
加えてその若さにも。

「そりゃそうよ」
「いくら私たちが若いと言っても」

10歳くらいは離れている。
とても話題が合いそうにない年の差だ。

「さぁ!私たちは私たちで行くわよ」
「だね!」

私たちもある意味、そんな目で見られているだろう。
着こなせていない地味なスーツにハイヒールだと。
S1043
(No.1043完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1043-1]私たちも

No.1043-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
一目で新一年生と分かる。
襟は輝かんばかりの白さとパリッとした質感。

「そういう時期ね・・・」
「こっちまでワクワクしてくるね!」

中学生が数名の集団で登校している。
春先にはよく見かける光景のひとつだ。

「小学校時代からの友達なんだよね、その集団」
「そうそう!」

入学したての頃は、皆、さぐりさぐりだ。
すぐに友達ができるわけじゃない。

「だから、つい、今までの・・・」
「まぁ、みんなそうよ」

でも、時間の経過と共に新しい友達ができ始める。

「くっついたり、離れたり・・・」
「これからそんなことが起きるよね」

集団の登校も、もう少ししたら様変わりするはずだ。
実際、私たちもそうだった。

「いつの間にか仲良くなって」

ついには同じ高校、大学に通うことになった。

「そう考えると長い付き合いね」
「そうだね」

それにしても、真新しい制服が眩しい。

「・・・思い出すね」
「ほんと・・・」

希望と不安が入り乱れた表情も初々しい。

(No.1043-2へ続く)

| | | コメント (0)

ホタル通信 No.462

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.525 鶏が先か卵が先か
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

書いてあることは事実なんですが、このような会話が交わさ
れたわけではありません。

小説に書いてあるアイドル・・・年齢が分かってしまうので、
あえて伏せさせてもらいます。ちなみに話の牽引役は男性に
なっていますが、実際は女性かもしれませんよ。その意味で
も、アイドルの名前を書いてしまうと作者の素性がバレてしま
うので(笑)
実は今でも顔の好みは変わっていません。意識しているつも
りはなくても、気付けばそのアイドルと似ている人を好きにな
っています。多分、このアイドルを好きになった頃から、顔の
好みが決まったような感じがあります。

ただ、それがアイドルが起源なのか、それとも別の何かに影
響を受けた結果なのか・・・それは今でも分かりません。
今回の小説は、このようなことを面白おかしく書いてみました。
現彼女の立場で考えてみれば、決して気持ちのいい話ではな
いかもしれません。
似ていること自体は何も問題はないのでしょうが、似ているこ
とが好きの基準であり、考えようによってはアイドルの代替品
のようにも捉えることができます。

ラストはそんな彼女の追及をかわすために、目に入った週刊
誌の見出しを読み上げてみました。
この“新種”については本当に週刊誌の見出しとして書かれて
いたものを採用したんですよ。
T462
web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1042-2]不安の象徴

No.1042-2

「・・・となると本当に根深いのかもね」

(なによ・・・軽いものだと思ってたの?)

「だから困ってるんじゃない!」
「ごめん、ごめん!」

仕事がら飛行機を良く使う。
電車と違い、そう簡単に乗り遅れるわけにはいかない。

「そんな気持ちがそのうち・・・」

不安の象徴に変わったと思う。
いつの頃からか・・・。

「分かる気がする」
「私は私の不安の象徴があるからさ」

突然のカミングアウトだった。

「そうなの!?」
「別に驚くことじゃないでしょ?」

確かにその通りだ。
私にだけ“ある”ってことはないだろう。

「まぁ、秘密だけどね!」
「えぇ~気になるぅ!」

けど、今は私の問題だ。
友人の話は一旦、横に置いておこう。

「とにかく、今日はとことん飲もうよ!」
「そ、そうね!」

上手く行けばその不安が消えてくれるかもしれない。
ちょっと不安だけど。
S1042
(No.1042完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1042-1]不安の象徴

No.1402-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「最近、また・・・」

ある夢を見るようになった。
しばらく見ることがなかったのに。

「・・・と言うことは」

友人も心得ている。
以前も相談したことがあるからだ。

「仕事?それともプライベート?」
「それが・・・」

飛行機に乗り遅れる夢・・・。
夢占いによれば何らかの不安を抱えているらしい。

「何が原因か分からなくて」
「不安が・・・ないの?」

ないことはないと思う。
ただ、明らかに・・・と言う不安に心当たりがない。

「それほど根が深いってことかしら?」
「かもしれないね」

仕事はいつも通り、パッとしない。

「あはは!普通は“それ”よね?」
「言わないの!」

プライベートでは最近、彼にフラれた。

「それでもなさそうね・・・」
「私のこと、理解し過ぎ!」

確かにフラれたことくらいじゃ悩まない。
いつものことだ、不安になったことはない。

(No.1402-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1041-2]王様のアイデア

No.1041-2

「これどうなってんの?」

写真は多分、ニューヨークのマンハッタンのビル群だ。

「街の光・・・と言えばいいのかな?」
「そこに光ファイバーが通ってあって」

光源からの光が光ファイバーを通る。
光ファイバーが街の光を表現している。

「中に回転する部品があってさぁ」
「それで色を変えてるんだよ」

本物の街の光のように、光に動きが生じる。
さながら写真が生きているように見える。

「大袈裟ね!と言いたいところだけど」
「あなたにしては悪くない表現ね」

これを買った頃はインテリアに凝っていた時期だった。
とは言え、会社の独身寮だったけど。

「それにしても随分、構造に詳しいわね?」
「ほら、気になるだろ?」

興味本位で分解したことがあった。
どんな構造をしているのかと。

「じゃあ、もっと大事にしなきゃ」
「こんなに埃まみれになって・・・」

確かにそうだ。

「ついでに掃除をしておくよ」
「そうしなよ!」

では、ひとまず電源を切って・・・と。

「ちょっと待って!」

何だか彼女が艶っぽい・・・。
S1041
(No.1041完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1041-1]王様のアイデア

No.1041-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「これなに?」
「あぁ・・・それね」

言われて気付いた。
自分の部屋に置いてあるものなのに。

「掃除してる?」
「結構、埃っぽいよ」

確かに、いつ掃除したか覚えていない。
それほどその存在を忘れていた。

「それは何て言うか・・・」
「ただの写真ではないと思うけど?」

一言で表すとインテリアだ。
自分で言うのも何だが、かなりお洒落な。

「お洒落?」
「実際に見てもらった方がいいな」

その方が断然、理解が早い。
まずは部屋を暗くして・・・と。

「なにカーテン閉めてんのよ!」
「えっ!?か、勘違いするなよ!」

あくまでも部屋を暗くするのが目的だ。
そうしなければ良さが伝えられない。

「なら、いいわ」
「・・・ったく」

おもむろに電源コードをコンセントに差し込む。
そして、スイッチを入れる。

「どう?」
「わぁ・・・きれい!」

写真が時間の経過と共に、色々な色に輝きだした。

(No.1041-2へ続く)

| | | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ