« [No.1036-2]完全な個室 | トップページ | [No.1037-1]スローバラード »

ホタル通信 No.459

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.552 最初の一日
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

なるほど・・・こんな話だったんだ。最近、タイトルだけでは思
い出せない小説が増えています。

それが年齢から来るものなのか、それとも膨大な量の小説の
せいなのかは別にして、読み返してみると、今でも鮮明に覚え
ている小説のひとつです。
良く通っていたお店の店員さんがその店を辞める・・・という所
から小説はスタートします。実話度が示す通り、もちろん事実
です。
常連という言葉は余り好きではありませんが、5年間、それも
月1で足繁く通っておれば、多少、そんな気にもなってきます。
(その店自体は今でも通っています)

常連さんらしい言動はした覚えはありませんが、店員さんは
分かっていたようで、大勢のお客さんの中で私を選んで声を
掛けてくださいました。正直、ビックリしたことを覚えています。
さすがに「私に好意を!?」なんて考える年齢ではありませ
んが、ひとりの客としては嬉しい限りですよね、なんて言うか
ちょっとした特別感がありました。

ほぼ実話なので読んでいただいた通りなんですが、最後の
一行は自分でも実は「?」なんです。
実話ではないことは分かっているのですが、どのようなオチ
にしたかったのか、今ひとつ、ピンと来ていません。
多分、この店で務めるのは最後であって、違う店で働き始め
る・・・だから、あなたとの関係も終わりじゃない・・・みたいな
ことでも妄想してたんじゃないでしょうか?
T459
web拍手 by FC2

| |

« [No.1036-2]完全な個室 | トップページ | [No.1037-1]スローバラード »

(118)通信No.451~475」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1036-2]完全な個室 | トップページ | [No.1037-1]スローバラード »