« [No.1038-2]青春の1ページ | トップページ | [No.1039-1]スープの味 »

ホタル通信 No.460

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.422 鍵
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

冬のホタルらしい、極めて日常的な話ですが、実話度が示す
通りです。

さて、主人公である10年ほど使っているキーホルダーですが
実在していました。残念ながら捨ててしまったのですが、本当
に10年ほど使いました。
大きさ的には5cm×2cmくらいのものでした。それほど厚みは
なく、時計の部分がシースルー型の液晶で、外光をバックラ
イトにして表示する仕組みでした。
時計の機能は早々に失われたのですが、小説にも書いた通り
鍵の存在を知らせるには丁度いい存在感で、ちょっと丸みを帯
びた形が手に馴染んでいました。そんなこともあり、しばらく、
鍵の相棒として活躍してくれたわけです。

そんなキーホルダーに強力なライバルが出現しました。大袈
裟ですが。それが小説では見たことがないキャラクターとなっ
ていますが、実はそうではありません。
あえて隠す必要もありませんが、某有名キャラクターが描か
れた棒状のキーホルダーです。なぜ、そのまま書かなかった
と言うと、冒頭のやりとりをコミカルに進めたかったからです。
棒状のそれが有名なキャラクターだと、とげとげしさが足りな
く感じていたからです。

冒頭に書いた通り、極めて日常的な話ですが、本当にこのキ
ーホルダーにはお世話になりました。
私自身、物の扱いは雑な人間だと思っていますが、変なところ
で愛着心を持つことがあります。それが、キーホルダーであっ
たり、ヘアブラシであったりします。もちろん、それらは小説の
ネタとしても大活躍してくれています。
T460
web拍手 by FC2

| |

« [No.1038-2]青春の1ページ | トップページ | [No.1039-1]スープの味 »

(118)通信No.451~475」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1038-2]青春の1ページ | トップページ | [No.1039-1]スープの味 »