« [No.1034-2]水道水 | トップページ | [No.1035-1]ねこの視線 »

ホタル通信 No.458

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.579 わがままの先
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

読み返して気付いたのですが、結構、短めの小説です。最近、
なぜか小説が長くなる傾向にあります、超短編が売りなのに。

それはさておき、会話の相手は言わずと知れたあの彼女です。
彼女の言動にいつも振り回されて、困惑したり、悩んだりした
日々が思い出されます。
小説にも書いていますが、彼女をそうさせたのは彼女自身と
言うより、育った環境・・・つまり、境遇です。色々と事情があり
早くに親離れせざるを得ない状況でした。そして彼女は若くし
てひとりぼっちになったんです。
 
ただ、ひとりぼっちの意味は皆さんが考えているようなもので
はありません。例えば“孤独”は無人島でひとりで生きている
ような場合も言えるし、大勢で生活している中で、仲間はずれ
にされたりする場合も言えます。
彼女の場合、雰囲気は後者の方であり、親になかば捨てられ
たような状態であったと言っても言い過ぎではありませんでした。
そんな境遇を背景に、小説のような展開があったのです。

冒頭に書いた最近は長く・・・の部分ですが、それはリアリティ
が減った、つまり実話度が減ったということに他なりません。
より実話度が高いと、脚色も減り、尾ひれ背ひれも付いてきま
せん。
今回の小説も、読者も無視した内容なだけに実話度に関して
は高めなのです。
T458 
web拍手 by FC2

| |

« [No.1034-2]水道水 | トップページ | [No.1035-1]ねこの視線 »

(118)通信No.451~475」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1034-2]水道水 | トップページ | [No.1035-1]ねこの視線 »