« [No.1031-1]門出の言葉 | トップページ | [No.1032-1]卵かけごはん »

[No.1031-2]門出の言葉

No.1031-2

「はい!これでどう?」

そこには“卒業式で言うやつ”と入力されていた。

「なんだよ!?まんまじゃないか!」
「だからそう言ったでしょ」

(あっ!そうだった)

「それより、結果はどう?」

早速、答えが出てきた。
それも検索結果の一番上に。

「あはは!みんな同じなんだね」

どうやら地方によっていくつかあるらしい。
でも、僕はこれだったと思う。

「どれ?」
「この“門出の言葉”だよ」

自信はない・・・でも、直感的にそう思う。

「それはそうと・・・」
「で、その一言ってなに?」

そうだった・・・肝心なことを話していない。

「あぁ、そうだったね」
「それはね、“6年生の皆さん!”だよ」

今でも鮮明に覚えている。

「まぁ・・・あれだね」

彼女の反応がイマイチなのも記憶に残りそうだ。
S1031
(No.1031完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.1031-1]門出の言葉 | トップページ | [No.1032-1]卵かけごはん »

(042)小説No.1026~1050」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1031-1]門出の言葉 | トップページ | [No.1032-1]卵かけごはん »