« [No.1030-2]決定的瞬間 | トップページ | [No.1031-1]門出の言葉 »

ホタル通信 No.456

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.539 映画監督
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

タイトルを見て「こんな小説を作ってたんだ・・・」と正直思いま
した。もちろん、どんな話か読み返すまで分かりませんでした。

この小説の主軸ではありませんが、冒頭の「よく5年も・・・」の
セリフが示す通り、この時点では小説を書き始めて5年目だっ
たんでしょうね(笑)実話をベースにしているだけあって、時々
現実で小説を書いている話が登場します。

さて、話の主軸では、とあるブロガーさんのことを小説にさせ
ていただいています。残念ながら現在は辞められていますが
当時は随分と楽しませていただきました。
ブログを続ける難しさ・・・特に現在はツイッターやインスタなど
気軽に投稿できるものが主流の中、もはやブログは・・・なんて
思うことがあります。趣味と言うより、半分仕事感覚で今も続け
ているのは小説に書いてある通りです。

そのとあるブロガーさんは写真がメインで、そこに一言二言、
言葉が添えられています。偉そうですが、私が文字で何かを
伝えようとしているとすれば、その方は写真で・・・ということに
なるのかもしれません。
そこに喜びや悲しみが表現されており、辞められる直前には
とある写真に迷いを感じました。

実はブログは続けるより、辞める勇気の方が必要なのでは?
と思っています。プロスポーツ選手のように、ある種の限界を
感じたら潔く・・・今の自分に必要な勇気かもしれません。
T456
web拍手 by FC2

| |

« [No.1030-2]決定的瞬間 | トップページ | [No.1031-1]門出の言葉 »

(118)通信No.451~475」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1030-2]決定的瞬間 | トップページ | [No.1031-1]門出の言葉 »