« [No.1026-2]今を生きる | トップページ | [No.1027-1]元日の朝 »

ホタル通信 No.454

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.590 僕らのマネージャー
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:男性

いかにも作り話っぽいですが・・・その通り、ほぼ創作です。何ら
かのきっかけはあったとは思いますが思い出せません。

人生を振り返ってみても、そもそもマネージャーがいたクラブに
入っていたことはありません。その意味でも自分の経験に基づく
ものではないことが分かります。多分、自分以外の身近な経験
あるいはドラマなどの影響を受けたか・・・そのどちらかとは思っ
ています。

さて、今回の小説を一言で表すなら「マネージャーはいつまで
もマネージャーだった。でも、それは結婚する前までであった」
です。もう少し続けると「全国に散った元サッカー部員たちの交
流が続いたのは紛れもなくマネージャーのお陰だった」・・・と
いうことです。
マネージャーとは言いませんがそんな存在の人、居ますよね?
悪く言えばお節介な人ですが、その人が人と人を結び、関係が
途切れずに済む・・・みたいな。
作者はその人とは真逆な性格で、自分でもあきれてしまうほど
です(笑)

私がよく言っている“商業的な小説”ではあるものの、それなり
のオチがついている点では、好きな小説のひとつです。
T454
web拍手 by FC2

| |

« [No.1026-2]今を生きる | トップページ | [No.1027-1]元日の朝 »

(118)通信No.451~475」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1026-2]今を生きる | トップページ | [No.1027-1]元日の朝 »