« [No.1028-2]ランドセル | トップページ | [No.1029-1]レディーボーデン »

ホタル通信 No.455

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.559 飛行機のプラモデル
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:男性

後半の@以降は創作ですが、それ以前の話はほぼ実話です。
今でも鮮明に覚えています。

他の家庭がどうだったか分かりませんが、私の家では誕生日
やクリスマスに特別な思い出はありません。何もしてもらえな
かったわけではありませんが、記憶に残るほどでもなかったの
が正直な感想です。
プレゼントも記憶に残っているものは、良いプレゼントではなく
言わば悪いプレゼントです。実はこの小説も作っています。

そんな中でしたから、景品とは言え、飛行機のプラモデルが
嬉しくなかったわけはありません。ですが、小説に書いた通り、
母はどうだったのか?が最大の焦点になっています。景品に
何が用意されていたか知り由もありませんが、母がチャレンジ
するくらいですから実用品だったのでは?と考えていました。
ただ、自分も大人になり思うことは、やはり親は子供のことを
一番に考えていることです。そう思うようになり「プラモデルが
当たって嬉しくない母」の考えは間違っていると気づきました。

その反省から@以降の話を追加したようなものです。私が歓
喜の声をあげたことを喜んでいてくれたと思います。
T455 
web拍手 by FC2

| |

« [No.1028-2]ランドセル | トップページ | [No.1029-1]レディーボーデン »

(118)通信No.451~475」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1028-2]ランドセル | トップページ | [No.1029-1]レディーボーデン »