« [No.1022-2]ネコの嘆き | トップページ | [No.1023-1]彼の目利き »

ホタル通信 No.452

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.414 一期一会
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

話の雰囲気としては事実なんですが、ひとつひとつを細かく捉え
ると事実とは大きく異なります。

まず、セミナーではなく、何らかの資格取得の研修のようなもの
でした。その資格ですが、作者の性別が特定される可能性があ
るために書けません、ごめんなさい。
ただ、その研修が行われた場所、つまり会場はほぼ小説の通り
で人里離れた・・・とまではいかないものの、似た環境でした。
言い忘れましたが、セミナーではなくとある資格取得の研修でし
たが、参加者は全員男性か全員女性かのどちらかです。従って
恋愛ウンヌンの話は全て創作ということになります。

次に小説のコンセプトとしては、大袈裟に言えば無人島の男女
が織り成す・・・みたいな感じでしょうか。特殊な環境下における
独特な心理状況の話だと言えます。
前述した人里離れた場所ですごした経験が無人島を連想させる
ことにそれほど違和感は感じていません。それに単なる旅行で
はなく、ほぼ仕事のようなものですから、ある種の緊張感も無人
島と繋がるような気がしています。
ですから、確かに論議等はあったものの、男性同士、女性同士
・・・というのが事実です。

オチは私が男性の連絡先を聞かなかったばかりに、友人もそこ
から繋がるかもしれなかった男性を逃してしまった・・・という感じ
です。
T452 
web拍手 by FC2

| |

« [No.1022-2]ネコの嘆き | トップページ | [No.1023-1]彼の目利き »

(118)通信No.451~475」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1022-2]ネコの嘆き | トップページ | [No.1023-1]彼の目利き »