« [No.1024-2]近すぎると見えないもの | トップページ | [No.1025-1]迷子 »

ホタル通信 No.453


小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.417 待ち合わせ
実話度:★★★★★(100%)
語り手:男性

2020年最後のホタル通信は偶然にも実話度100%の小説を
紹介します。

脚色も一切ないので、本当の意味で実話度100%と言える
小説です。作者は僕あるいは亜矢(あや)になります。
待ち合わせ場所に向かう二人が、同じ電車に乗り込む話
なんですが、偶然にも・・・ではなく、あえてそうするところを
リアルに書いています。
もちろん行動の描写がリアルなんですが、ある意味、それ
以上のリアルは地名です。実話度100%ですから天王寺、
京橋も事実です。

読み直してみると、懐かしさがこみ上げて来ます。そんな
時もあったんだと。そして、今では書けない小説だという点
でも・・・。
話は脱線しますが、そもそも実話度100%とは言わないま
でも、実話を小説風に作り込んでいく作風が特徴だったの
ですが、最近はそれが影を潜めています。
そのため、自分の原点を思い出させてくれる小説のひとつ
と言えるでしょうね。

今回の待ち合わせの話もあれば帰る話も書いているんで
すよ。是非、探してみてください。
T453
web拍手 by FC2

| |

« [No.1024-2]近すぎると見えないもの | トップページ | [No.1025-1]迷子 »

(118)通信No.451~475」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1024-2]近すぎると見えないもの | トップページ | [No.1025-1]迷子 »