« [No.1012-2]役に立ってる? | トップページ | [No.1013-1]青臭い(表) »

ホタル通信 No.447

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.410 スニーカー
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

実話度が示す通り、ほぼ創作です。もちろん、話のきっかけとな
るスニーカーや足のサイズについては事実です。

足のサイズは大人になってからは、ずっと変わらなかったのに
ある時、サイズが小さくなっていました。これを面白おかしく切り
取ってみました。ただ、あえて書けば、設定上、29歳となってい
ますが、実際の年齢はそうではありません。そこはご想像にお
任せします・・・と言うのが冬のホタルの決まりです。

さて、ほぼ創作なので、そこにリアルな事実は隠されておらず、
前述した面白おかしく話を進めています。
「足が小さくなる」を「胸」にも引っ掛けているのは、まぁ、よくある
パターンの展開ですね。友人と小競り合いをするように話を進め
最後にオチを持ってきています。
オチの部分も創作なので「選んだスニーカーは真っ黒に銀色の
ドクロマーク」は事実ではないものの、全く似ても似つかないも
のを買ったわけでもありません。これも前述した面白おかしく話
を締めくくるための演出です。

自分で言うのも変ですが、特に何かを主張したいわけでもなく、
何かを狙っているわけでもなく、ただただコミカルに展開していき
ます。最近の小説も割とこんな感じなものが多いですね。
T447
web拍手 by FC2

| |

« [No.1012-2]役に立ってる? | トップページ | [No.1013-1]青臭い(表) »

(117)通信No.426~450」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1012-2]役に立ってる? | トップページ | [No.1013-1]青臭い(表) »