« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

[No.1018-1]歩きスマホとあの香り

No.1018-1 

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「もう・・・しなくなったね」
「そうだな」

数日前まではあんなに独特の香りを放っていたのに。
相変わらず時の流れは早い。

「覚えてる?」
「もちろんだよ」

3年前の今頃、私たちは付き合い始めた。
そのきっかけにあの香りも含まれている。

「あの時さぁ・・・」
「ほんと・・・笑っちゃうね!」

私たちは衝撃的な出会いを果たした。
それはもう・・・かなりの衝撃だった。

「あはは!」」
「まさしくそうだったな」

あの時、歩きスマホでぶつかってしまった。
お互いスマホに夢中だった。

「見てた動画も同じだったと言う偶然・・・」
「それな!」

それこそ運命的な出会いを感じた。
ドラマのような展開が、今、起きていると。

「で、あの香りもしてた・・・と」
「だね!」

あの花の香りは今でも忘れることができない。

(No.1018-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1017-2]私の足元に

No.1017-2

「へぇ~そうなんだ」

家では焼き栗が主体だったと思う。
ただ、天津甘栗を買ってくる程度だし、私は好んで食べない。

「家で蒸すの?」
「もちろん!」

それからも色々と話してくれた。
蒸し栗にまつわる話を。

「普通のスプーンじゃ食べにくいから」
「ふちがギザギザのタイプを使うんだ」

そのスプーンのことは分かる。
家にもあったからだ、グレープフルーツ用として。

「ところで・・・どうして栗の話題をしたの?」
「やっぱり、このケーキ?」

質問が的外れなのは分かっている。
なにせ、モンブランと気付いていなかったのだから。

「どうだろう・・・無意識というか」
「秋だからかな?」

確かに季節的にはそうだと思う。

「まぁ・・・とにかく、一口食べてみる?」
「ごめん!クリームになった栗は苦手で・・・」

なるほど・・・だから注文しなかったんだ。
私は逆に、クリーム以外の栗は苦手だ。

「特に蒸し栗なんてダメかも」
「なんか・・・木の実、そのままって感じがする」

今も私の足元に似たようなものがいくつも落ちている。
これが目に入ったのかもしれない。
S1017
(No.1017完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1017-1]私の足元に

No.1017-1 

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「最近、栗、食べた?」
「くり?」

彼が突然、話題を変えてきた。
さっきまで、ドラマの話をしていたのに。

「て言うか、これも入るの?」

今、私はモンブランを食べている。
これも立派な栗だと思う。

「あぁ・・・そ、そうだな」
「どうしたの、急に?」

雰囲気からして、この手の栗ではないことは分かる。
多分、普通の形ある栗のことだろう。

「もしかして、天津甘栗みたいな?」
「そうだな、そっち系」

そっち系と言われても他に何かあるのだろうか?
せいぜい、焼き栗程度しか思い付かない。

「他に何があるの?」
「子供の頃はさぁ・・・」

彼が随分昔のことを話し始めた。
時を小学校の運動会まで巻き戻している。

「ほら、蒸し栗って言えばいいのかな?」
「焼かずに蒸すやつ」

蒸し栗・・・知ってはいるが、食べたことはない。
そもそも、栗を食べる習慣がなかった。

「家なんか、結構、食べてたよ」
「さっき話した運動会の時とかは必ず」

他にも秋の行楽には欠かせなかったらしい。

(No.1017-2へ続く)

| | | コメント (0)

ホタル通信 No.449

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.438 天使と悪魔
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

実際にネコがうずくまっていたのは事実です。少し記憶は曖昧
ですが、2、3日は同じ場所に居たような記憶があります。

ネコが題材になっている話は数多くあります。作者がネコ好き
ということもありますが、野良ネコと出会う機会が多いことも理
由のひとつです。
最初、怪我か病気でもしているのかと思いましたが、見た目は
単に休んでいるようでした。窮屈な場所が好きな彼らですから
その空間がお気に入りかな?とも思っていました。ただ、近づ
いても余りにも無反応で、それが小説のきっかけとなりました。
従って、シチュエーション的にはほぼ事実です。

後半になればなるほど実話度が薄まりラスト付近は創作です。
さすがに、そんな都合の良い友人はいません。
これについては多少、テレビなどの影響を受けているんでしょ
うね。保護ネコを扱ったテレビ番組を私も何度も見ています。
その願望を文字として、小説として書いたものと言えますが、
逆に自分の弱さを書きたかったのかもしれません。
「怪我や病気なんかしてなくてきっと元気に違いない」と思った
のは、もしかしたらその場を立ち去るために言い訳だったので
はないかと思っています。
T449
web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1016-2]本当の月

No.1016-2

「初めてだよね?こんなこと」
「あぁ、確かに」

陽のかげりや植物の成長度合い・・・。
それに、ここを通る時期や時間。

「いろんな偶然が重なったんだろうな」
「そうだろうね」

まるで、スクリーンに映し出された月を見ているようだ。

「その表現、良いんじゃない?」
「そ、そうだな!」

木漏れ日が作り出した、偶然の産物。
脳裏だけではなく、記録として残しておきたい。

「写真撮っておく?」
「うん、そうしよう!」

木漏れ日だけを写真に収めた。
その家の持ち主に迷惑が掛からぬように。

「写真に撮ると、余計に引き立つね」
「ねぇ・・・」

彼女が言葉を続けようとする。
その続きとして何を言いたいか、分かっているつもりだ。

「もう少し、粘ってみる?」
「そうこなくっちゃ!」

そうこうしているうちに、月の色が変わり始めたからだ。

「だんだん赤くなってきたね!」
「神秘的だな」

そしてその月は消えた。
でも空には、本当の月が見え始めてきた。
S1016
(No.1016完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1016-1]本当の月

No.1016-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「わぁ・・・見て見て!」
「な、なんだよ!?、急に・・・」

彼女がとある家のシャッターを指差した。
多分、ガレージのシャッターだろう。

「シャッター・・・だよね?」
「もぉ!鈍感ね!」

前触れもなく、急にシャッターを指差された。
それでこの言われようだ。

「おいおい、そりゃ、ないだろ?」
「どう見たって、普通の・・・」

・・・と言いかけて気付いた。
なるほど・・・そういうことか。

「この木漏れ日のことか!」

シャッターに木漏れ日が当たっている。
その形がなんとも珍しい。

「すごいよね!」
「偶然とは言え」

それは1メートルくらいもある丸の形をしている。
まるで何かのオブジェクトのようだ。

「お月様みたいね!」
「まぁ、そうだな」

太陽と言うより、そっちの方が確かに似合う。

「それにしても・・・」
「こんな真昼間のこんな住宅地で」

それに歩きなれた道だ。
数百回は通っている。

(No.1016-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1015-2]くすぐったい

No.1015-2

「わかってるよ」

枯れ始めてきたとは言え、まだ新しい命も芽生えている。
なんとも植物はたくましい。

「ほら、このツルなんて生き生きしてるぞ」
「ほんまや!」

落ち葉拾いのつもりが観察に変わる。
今日もこのパターンだった。

「動物よりもかわいいかもな」
「それは言えてるぅ!」

モノは言わなくても、こうやって触れ合うことができる。
実際、くすぐられて癒されもした。

「命は決して長くはないけど」

樹木ではない限り、時期が過ぎれば枯れてしまう。

「でも、来年も新しい命に出会えるやん!」
「・・・だよな!」

たかが植物に大袈裟な表現が飛び交う。
でも、されど植物・・・だとも言える。

「枯れてしまうまではちゃんと育てような!」
「もちろんやで!」

だからこそ、こうして水をあげている。
命が尽きると分かっていても。

「じゃ、もうひとふんばりしますか!」

もう一度、落ち葉を拾い始めた。

「ひゃぁ~、またツルがうなじにあたるぅ~」

でも、それが彼女のイタズラだと後で知った。
S1015
(No.1015完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1015-1]くすぐったい

No.1015-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「なんだよ~くすぐったいだろ?」
「なにひとりで、じゃれてるねん!」

彼女はやや離れた位置で花に水をあげている。
・・・ということは。

「まさか・・・」
「お化けちがうわ!」

“まさか”の一言だけでも適切なツッコミが入る。
さすが関西人だ。

「・・・だろうね」
「じゃぁ、誰だよ?」

その言葉は本当だ。
さっき、僕のうなじを誰かがやさしくなでた。

「誰じゃなくて、これやがな!」
「あぁ、やっぱり?」

まるっきり本気でボケたわけではない。
多少、余白を残した方が話が盛り上がりやすい。

「そりゃ、そうやろ!」
「この細いツルが触れたんや」

僕は僕でプランターの植物をじっくり観察中だった。
だから、そのツルに気付かなかった。

「それにしても、くすぐったかったよ」

しなやかに伸びているツルに触れてみた。
確かに、くすぐったくなる要素が満載だ。

「そんなことより」
「落ちた葉っぱとか拾っといてな!」

冬を目の前にして、本格的に植物たちが枯れ始めてきた。
それに伴い、落ち葉も増えて行った。

(No.1015-2へ続く)

| | | コメント (0)

ホタル通信 No.448


小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.411 交錯する季節
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

前回のホタル通信に引き続きオチがいまいちハッキリしない小説
です。随分前に作った小説なので記憶も曖昧になっています。

さて、もう時期は過ぎましたが、少し前まではキンモクセイの香り
が漂っていましたね。香りに気付き、周りをキョロキョロ・・・いつも
そんな感じで、季節の変わり目に出会っています。
小説に書いてある通り、いつも花の名前を思い出せず、一旦、沈
丁花と勘違いした後に、キンモクセイの誤りだと知ります。「いい
加減、覚えろよ!」と自分で自分に突っ込みを入れています。

特に尖った話ではなく、冬のホタル特有の超日常な展開です。
そこに、ほんの少し、甘い話を入れているのも、冬のホタルの特
徴とも言えますね。最近はその傾向も変わってきましたが、その
昔は何でも恋愛話に結びつけていました。
今回のオチは分かりますか?ちょっと自信はないのですが、記
憶を辿ると以下のような感じです。

彼とは付き合って1年目・・・でもキンモクセイの話は付き合う前
からしていた。つまり、以前は元カレとしていたと言うことです。
それが「去年は聞いてないからな」のセリフです。
そして「来年も聞かせろよ」のセリフは遠回しに、来年も付き合っ
ていたい・・・でも「あなた次第じゃない?」と、彼に軽くジャブを打
つ・・・これがオチの真相です。

キンモクセイが香る時、それぞれドラマが始まったり、終わったり
しているのでしょうね。
T448
web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1014-2]青臭い(裏)

No.1014-2

その男子はすれ違いざまに、私をチラッと見る。
そして、背筋を伸ばす。

「・・・のように見えるだけだろ?」
「別の何かを見てるのかもしれないし」

確かに自意識過剰なのは否定できない。
今までの話はあくまでも私の主観に過ぎない。

「でも、すれ違う時は必ず・・・」
「たまたま・・・ってこともあるだろ?」

そう言われれば元も子もない。

「自転車に乗ってるんだから」
「腰が痛くなったりするだろうし」

一点だけを見つめて漕ぐ人もいない・・・と言わんばかりだ。

「・・・そうかも」
「ただな・・・」

どうやら続きがあるらしい。

「興味は持ってるかもな」
「もしかして、それを恋とは気付いていないのかも」

ここに来て、急展開した。
それが本当なら、それほど悪い話でもない。

「でもよ、そいつのこと好きなの?」
「だってすれ違うだけなんだろ?」

まぁ、向こうから声を掛けてきたら考えなくもない。
S1014
(No.1014完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1014-1]青臭い(裏)

No.1014-1  [No.1013-1]青臭い(表)  

登場人物
女性=牽引役  男性=相手
-----------------------------
「ねぇ、どう思う?」
「そうだなぁ・・・」

最近、あることが起こり始めた
通学途中にすれ違う男子とやたら目が合う。

「教えてよ、同じ男子でしょ?」
「うーん・・・」

あまり真剣に考えてはいない素振りだ。
もしかして・・・。

「そもそも興味がない?」
「うーん・・・」

一向に話が前に進まない。
やはり、男子に聞いたのが間違いなのだろうか?

「多分、多分だよ?」
「えっ!なになに!」

ここ最近は毎日のようにすれ違っている。
もちろん、そうなるように私が合わせているわけではない。

「向こうが意識しているのかもしれない・・・し」
「やっぱり!?」

私から何らかのアピールをしたことはもない。
けど、最後の“し”が気にならなくもないが・・・。

「意識してないのかもしれない」
「なにそれ!?」

結局、分からないってことだ。

(No.1014-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1013-2]青臭い(表)

No.1013-2

彼女はすれ違いざまに顔を赤らめる。
そして、髪を整え直す。

「・・・のように見えるだけかもしれないじゃん!」
「くせで髪を触ってるだけかもしれないし」

確かに冷静に考えればそうかもしれない。
今までの話はあくまでも僕の主観に過ぎない。

「でも、すれ違う時は必ず・・・」
「たまたま・・・ってこともあるよね?」

そう言われれば元も子もない。

「自転車に乗ってるんだから」
「髪だって多少乱れるし」

漕いでるから顔も赤らむ・・・と言わんばかりだ。

「・・・だよな」
「でもね・・・」

どうやら続きがあるらしい。

「意識はしてるかもね」
「もしかして、それを恋と気付いてないかも」

ここに来て、急展開した。
それが本当ならうれしい。

「けどさぁ、あんた彼女のことが好きなの?」
「だってすれ違うだけなんでしょ?」

そこから始まる恋もある・・・偉そうだけど。
S1013 
(No.1013完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1013-1]青臭い(表)

No.1013-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「なぁ、どう思う?」
「そうねぇ・・・」

一種の通学途中“あるある”かもしれない。
でも・・・期待度はMAXだ。

「教えろよ、同じ女子だろ?」
「うーん・・・」

イマイチ、煮え切らない態度だ。
もしかして・・・。

「はっきり言ってくれよ!」
「うーん・・・」

一向に話が前に進まない。
やはり、“脈なし”ってことだろうか?

「多分ね・・・多分だよ?」
「おっ!・・・うん」

通学中に別の学校の女子とすれ違う。
お互い自転車だから、その時間は短い。

「好きかもしれない・・・し」
「えっ!?やっぱり!」

思わず歓喜の声が出てしまった。
けど、最後の“し”が気にならなくもないが・・・。

「好きじゃないかもしれない」
「な、なんだよ、それ!?」

結局、分からないってことだ。

(No.1013-2へ続く)

| | | コメント (0)

ホタル通信 No.447

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.410 スニーカー
実話度:☆☆☆☆☆(00%)
語り手:女性

実話度が示す通り、ほぼ創作です。もちろん、話のきっかけとな
るスニーカーや足のサイズについては事実です。

足のサイズは大人になってからは、ずっと変わらなかったのに
ある時、サイズが小さくなっていました。これを面白おかしく切り
取ってみました。ただ、あえて書けば、設定上、29歳となってい
ますが、実際の年齢はそうではありません。そこはご想像にお
任せします・・・と言うのが冬のホタルの決まりです。

さて、ほぼ創作なので、そこにリアルな事実は隠されておらず、
前述した面白おかしく話を進めています。
「足が小さくなる」を「胸」にも引っ掛けているのは、まぁ、よくある
パターンの展開ですね。友人と小競り合いをするように話を進め
最後にオチを持ってきています。
オチの部分も創作なので「選んだスニーカーは真っ黒に銀色の
ドクロマーク」は事実ではないものの、全く似ても似つかないも
のを買ったわけでもありません。これも前述した面白おかしく話
を締めくくるための演出です。

自分で言うのも変ですが、特に何かを主張したいわけでもなく、
何かを狙っているわけでもなく、ただただコミカルに展開していき
ます。最近の小説も割とこんな感じなものが多いですね。
T447
web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1012-2]役に立ってる?

No.1012-2

「そうね・・・特に理由はないかな」
「えっ!?無いの!」

あなたが居れば落ち着く・・・そんな言葉を期待していた。

「それなら、居なくてもいいじゃん!」
「勉強では役に立たないわけだし・・・」

色々考えると、だんだんと腹が立ってきた。

「何だかイライラしてきたよ」
「・・・ねぇ、聞いてる!?」

気付けば私一人がしゃべっている。
その間にも友人は参考書片手に勉強中だ。

「もぉ!ねぇーってばぁ!」
「ちゃんと聞こえてるわよ」

表情ひとつ変えず、返事を返してきた。

「もぉー!私帰っていい?」
「それだけはダメェー!」

席を立とうとした私の腕をつかんできた。

「邪魔でしょ?」
「こんなうるさい私なんか・・・あっ!」

その時、気付いた。
それは、友人も同じだった。

「何だか分かったみたい」
「ごめん・・・私も」
S1012
(No.1012完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1012-1]役に立ってる?

No.1012-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「こんな所でよく勉強できるわね?」
「そう?逆にこんな所じゃないと出来ないの、私」

反対に、私は絶対に無理だ。
勉強するなら究極に静かな環境がいい。

「家に居るときはどうしてるの?」
「スマホで音楽を鳴らしてる」

私なら、うるさいことに加えて聞き入ってしまう。
つまり・・・勉強など到底できやしない。

「そんな環境でよく集中できるわね?」
「本当はもっとうるさくてもいいけどね」

これを集中力と言っても良いのだろうか?
ある意味、超鈍感とも言えなくもない。

「けど、成績は上位なんだよな・・・」
「えっ?なんか言った」

なるほど・・・うるさくても集中しているわけだ。
それなら、静かでもいいのにと思ってしまうが。

「聞いているけど聞いてないの!」
「何だかよくわかんないよー!」

それにしても友人の勉強に付き合わされる私が居る。
もちろん私は勉強しない・・・というよりできる環境にない。

「なんでわざわざ私を誘うのさ?」

少なくとも勉強ではお役に立てない。
成績は友人よりもはるかに下だからだ。

(No.1012-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1011-2]親孝行と親不孝

No.1011-2

「親不孝であって親不孝じゃない?」
「ほんと禅問答だよ、それ」

その親子を見てあることに気付いた。
そんな息子でも母親は終始笑顔だった。

「子供は親不孝なことしても」
「親はそうは思っていない・・・ってことね?」

まさしく友人の言う通りだ。

「逆に少しくらいなら・・・」
「親不孝であった方が良かったのかもしれない」

私は真逆に育ってしまった。
親に迷惑を掛けないことが親孝行だと。

「それが距離を作ってしまった原因だったのかも」

迷惑を掛けまいと、ろくに連絡もせず生きてきた。
それが親孝行と信じて。

「親孝行な娘は実は・・・」
「そう、親不孝でもあるってこと」

もちろん、人それぞれだとは思っている。
けど、あの親子のようなシーンを何度も見てきた。

「まぁ、後悔しても遅いんだけどね」

親不孝も親孝行も、する対象者はもう居ない。
1年前に気付けば何とかなったものの。

「でもご両親はそう思っていないんじゃない?」
「だって、自分の娘だもん!分かってるわよ」
S1011
(No.1011完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »