« [No.1008-2]想い出のグラス | トップページ | [No.1009-1]突き抜ける空 »

ホタル通信 No.445

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.541 見てない
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

今でも鮮明に覚えています。覚えている理由は特徴的なエピソー
ドだということもありますが、もうひとつ裏話があります。

計算ドリルの答えを書き写したのは事実です。担任の先生の机が
教室の前にあったので、皆の前で呼び付けられ、立たされていま
した。これならよくあるパターンですが、ここからが裏話です。
実は、私の他に同じようなことをした女子がいて、その子も私と同
じように前で立たされていました。
まぁ、完全に“クロ”だったわけですが、“見てない”を押し通しまし
た。その女子も私と同じく、“シロ”だと・・・。

今振り返ると素直に謝っておくべきでしたし、遅くなりましたが、
「先生、あの時は答えを書き写してしまいました。本当にごめんな
さい」
さて、禊が済んだところで(笑)、あらためてとても懐かしいエピソ
ードのひとつです。計算ドリルに答えを付けていたのは、もしかし
て、試されていたからなのか、それとも信頼されていたからなのか
真相は不明です。
大人になった今なら「そんなことも起こりうるから、答えを付けて
おくことなんてありえない」と、偉そうにリスク管理の必要性を語っ
たりするのでしょうかね。

それにしてもあの女子・・・どうしていますかね。まぁ、この小説を
読むこともないだろうし、読んでも「私かも?」と思うには情報が少
なすぎます。
逆に「私のこと?」と思う人が沢山いれば、それはそれで面白いの
かもしれませんね。
T445
web拍手 by FC2

| |

« [No.1008-2]想い出のグラス | トップページ | [No.1009-1]突き抜ける空 »

(117)通信No.426~450」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1008-2]想い出のグラス | トップページ | [No.1009-1]突き抜ける空 »