« [No.1006-2]読めないメモ | トップページ | [No.1007-1]揺れた心 »

ホタル通信 No.444

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.569 土に還る
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

最初に言っておくと、ラストの「今日、彼女は土に還った」は創作
であり、事実ではありません。でも、いずれそうなる日は来ます、
誰のもとにも。

土に還る・・・つまり、この小説で言う“死ぬ”がテーマにはなって
いますが、決して暗い話ではありません。
家庭菜園に関係した話はとても多く作っています。そこから得ら
れる教訓やとても小さな出来事は、まさに冬のホタル向きです。
つい最近も「No.1005 小さな世界」を発表しました。
さて、この小説は実際に“土に還る”と言う話題が出たことがきっ
かけになっています。もちろん、そこに悪意はなく、むしろ愛情を
感じられる一言でした。
でも、本当に不思議なんですよね、土をいじっていると、落ち着く
と言うか、そこに何かを感じずにはいられません。

設定的には、恋人同士の会話です。ラスト付近の「ありがとう!
あなたと一緒に・・・」のセリフが、逆プロポーズとも取れるでしょ
うね。これを機に結婚、そして月日が流れた・・・。
記憶は定かではありませんが、非常に作りやすかった小説で
した。自分的にはストレスなく書き進められた記憶があります。
小説を作ったというより、心の片隅にあった素直な気持ちを文字
にしたという感じでしょうか。

土に還る・・・自分で言うのも変ですが、とても心に響く言葉です。
小説を読み直し、昨日よりも少しやさしくなろう!と思う今日この
頃です。
T444
web拍手 by FC2

| |

« [No.1006-2]読めないメモ | トップページ | [No.1007-1]揺れた心 »

(117)通信No.426~450」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1006-2]読めないメモ | トップページ | [No.1007-1]揺れた心 »