« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

[No.1011-1]親孝行と親不孝

No.1011-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ねぇ、聞いていい?」
「ん?何を?」

最近、ある疑問が湧いてきた。
本当は疑問ではなく後悔という言葉の方が似合う。

「親不孝って何だと思う?」
「えー!?急になにぃ!?」

私は大きな勘違いをしていたのかもしれない。
親不孝の意味を・・・。

「ごめん、なんか重い話をして・・・」
「構わないけど急だからビックリしちゃって」

数日前にある親子を見掛けた。
親子と言っても、若い親と小さな子供ではない。
中年の母親と20代くらいの息子らしき子供のことだ。

「その親子がどうかしたの?」
「うん・・・」

主観で申し訳ないが、すねかじりに見えた。
根拠は何も無いが。

「もしかして自分もそうだから?」
「つまり・・・それが親不孝の質問ってこと?」

当たってもいるしハズレてもいる。

「そうね、ただ・・・」

親不孝であって親不孝ではない。
禅問答のようで申し訳ないが。

(No.1011-2へ続く)

| | | コメント (0)

ホタル通信 No.446

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.408 黄色い電車
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

最初に、お詫びしておきます。ホタル通信では小説の舞台裏など
を紹介するはずなのに、肝心の・・・オチの意味が分かりません。
申し訳ございません。

最初に、場所や景色は実在しており、かつて線路があった土手が
道路に変わったこと、そしてタイトルでもある黄色い電車のうわさ
も事実です。そうそう、牛が放し飼いにされていたのも本当なんで
すよ(笑)
その昔、実家のすぐ近くに大きな川が流れており、その川沿いの
土手に線路が通っていました。とは言え、そこに電車(正確には
汽車)が走っていた姿を一度も見たことはありません。線路の言
わば終点にあたる所に、何らかの工場があり、そこに資材を運ん
でいたそうです。もしかしたら、これらの事実だけで場所が特定
できるのかもしれませんね。

さて、内容は幼馴染とのやりとりを描いたものですが、これについ
てはほぼ創作で、実際にこのようなやりとりがあったわけではあり
ません。
振り返れば、黄色い電車のうわさを何とか恋愛話に結び付けよう
として、失敗してしまったような出来栄えです。そのため、読んで
いて、何だかストレスを感じます、自分で作っていながら。
そのため、オチの部分である「地元を離れて~ある噂が広まって
いたことを」のうわさが何であるか、覚えていません。
無理やり考えれば「黄色バスを見かけると幸せになれる、告白が
成功する」なんて感じでしょうか?

最後に黄色い電車なんですが、現実世界では見たことはないの
ですが、一度夢の中に出てきたことがあります。それが何を意味
しているのかは分かりませんが。
T446
web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1010-2]何がなんでも

No.1010-2

「ただね・・・僕にとっては大金でも」

当時のおもちゃは今よりも値が張ったのかもしれない。
本当に欲しいものは、千円程度では到底買えなかった。

「だから、結構苦労したんだぜ」
「千円で買える、そこそこ欲しいものを買うのに」

その結果がこれだ。
謎のキャラクターだけに、安かったのかもしれない。

「結構、深い話ね」
「・・・かもな」

そのプラモデルがなぜか、今も残っている。
特に大事にしているわけでもないのに。

「逆に今なら“お宝”かもね!」
「なるほど!可能性はあるな」

とは言え、新品未開封ならまだしも、使用感が半端ない。
傷だらけで、一部、ヒビ割れもしている。

「今でもこれを見るとさぁ・・・」
「何だか胸が苦しくなって」

その理由はひとつではないと思う。

「色んなものが買えるようになった今だから」
「余計にそう感じるのかもしれないな」

そのプラモデルは自分に対する戒めなのかもしれない。
そう言う気持ちを忘れないように・・・と。

「調べてみる?このキャラクターが何か」
「いいや、謎のままでいいよ」

当時の気持ちを忘れないためにも。
S1010
(No.1010完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1010-1]何がなんでも

No.1010-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「これなに?」
「見ての通り、プラモデルだよ」

確か、小学生の頃に作ったものだ。

「何のキャラクターなの?」
「さぁ・・・何だろうね」

彼女をだましているわけではない。
本当にそれが何のキャラクターか知らない。

「知らないで買ったの?」
「うん、知らないで買った」

年に数回、母親にデパートに連れて行ってもらった。
もちろん、僕だけのためではない。

「その時に、何か買ってもらえるんだけど・・・」

買ってもらえると言っても、何でもと言うわけではない。
そこには暗黙の了解のようなものがあった。

「暗黙の了解?」
「あぁ、上限は千円程度だったかな」

だとしても、当時の僕には大金だった。
それに、少なからず家計にも影響があったと思う。

「それなら買わなきゃいいじゃん?」
「そうは行かないさ!」

そんなチャンスは滅多にないからだ。

「だから、何でもいいから使わないと!って感じで」
「ふ~ん・・・」

何とも説明し難い。
とにかく、何でもいいから買わなくちゃ・・・の精神だった。

(No.1010-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1009-2]突き抜ける空

No.1009-2

「今日、あの空の辺りに行ってみない?」
「いいね、それ!」

遠いと言っても、自転車なら行ける距離だ。
それに、ふたりの帰り道の方向にも近い。

「何か出来るのかなぁ~?」
「ビルが建ったりして!それも超高層の!」

そうなるとまた殺風景な景色に逆戻りだ。

「まぁ、その可能性は大いにあるわね」
「それも含めて確認しに行きましょ!」

個人的には公園でも出来ていれば最高だ。
ここからは到底見えないけれど。

「なんだか、ワクワクしてきたね!」
「ほんと、授業を受けている場合じゃないかも」

特に今は退屈な科目だ。
先生の声なんて、全然耳に入ってこない。

「けど、なんで最近まで気付かなかったんだろう?」

確かにそう言われてみるとそうだ。
取り壊したのなら、工事の途中も見えたはずだ。

「なんでだろうね」

もちろん、建物があったことが前提だ。

「多分、授業をまじめに聞いていたからじゃない?」
「今とは違って、よそ見をせずに」
S1009
(No.1009完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1009-1]突き抜ける空

No.1009-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「なんか違う・・・」
「ん?何か言った?」

友達が窓の外を指差した。

「ほら、私の席からは空は見えないんだよね」
「そうだっけ?」

でも、今は遠くに空が見えている。
丁度、建物に挟まれるような感じで。

「そう言えば、そこに何か建ってたよね?」
「・・・確かに」

それが何だったか覚えてはいない。
でも、その空間に建物があった。

「取り壊したのかな?」
「多分、そうなんだろうね」

無機質だった風景に潤いが生まれた。
大袈裟だけど、そんな感じだ。

「それにしても気持ちがいいね!」
「たったこれだけのことなのに」

秋晴れも手伝って、抜けるような青空だ。
空を抜けて、更に向こうの景色まで見えそうな勢いだ。

「あれは・・・富士山かな?」
「山が見えたら、すぐそれを言うんだから!」

もちろん富士山ではない。
でも、つい言ってみたくなるのが日本人だ。

(No.1009-2へ続く)

| | | コメント (0)

ホタル通信 No.445

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.541 見てない
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

今でも鮮明に覚えています。覚えている理由は特徴的なエピソー
ドだということもありますが、もうひとつ裏話があります。

計算ドリルの答えを書き写したのは事実です。担任の先生の机が
教室の前にあったので、皆の前で呼び付けられ、立たされていま
した。これならよくあるパターンですが、ここからが裏話です。
実は、私の他に同じようなことをした女子がいて、その子も私と同
じように前で立たされていました。
まぁ、完全に“クロ”だったわけですが、“見てない”を押し通しまし
た。その女子も私と同じく、“シロ”だと・・・。

今振り返ると素直に謝っておくべきでしたし、遅くなりましたが、
「先生、あの時は答えを書き写してしまいました。本当にごめんな
さい」
さて、禊が済んだところで(笑)、あらためてとても懐かしいエピソ
ードのひとつです。計算ドリルに答えを付けていたのは、もしかし
て、試されていたからなのか、それとも信頼されていたからなのか
真相は不明です。
大人になった今なら「そんなことも起こりうるから、答えを付けて
おくことなんてありえない」と、偉そうにリスク管理の必要性を語っ
たりするのでしょうかね。

それにしてもあの女子・・・どうしていますかね。まぁ、この小説を
読むこともないだろうし、読んでも「私かも?」と思うには情報が少
なすぎます。
逆に「私のこと?」と思う人が沢山いれば、それはそれで面白いの
かもしれませんね。
T445
web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1008-2]想い出のグラス

No.1008-2

「なんでそれだったのかな?」
「実は・・・ね」

当時は特に何も考えていなかった。
店の余り物をくれた程度にしか・・・。

「でも、よくよく考えたら」

その日は成人式だった。

「お祝いに?」
「そう!・・・だけどな」

確かにお祝いだと思う。
けど、僕は成人式には行っていない。

「・・・そうなの?」
「うん、配属先がさぁ・・・」

実家とは遠く離れた場所だった。
その場所にはもちろん知り合いなどいない。

「だから行かなかったんだ?」
「それに仕事もあったし」

そのは日曜日だった。
でも、僕は仕事をしていた。

「そんな日に、コンビニに行く?」
「・・・だね」

年齢は知っていたと思う。
何日か後の成人式の話をしたことがあったからだ。

「オーナーなりのやさしさだったと思う」
「・・・向こうに着いたら、これで一杯やろうか?」

そのコンビニはもう違う店に変わっているけれど。
S1008
(No.1008完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1008-1]想い出のグラス

No.1008-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「あっ!懐かしいな・・・」
「どうしたの?」

引っ越しあるあるかもしれない。
荷造りの最中に色々な物を見つけては手が止まる。

「えっ!ウィスキー?」
「じゃなくて、こっちの方だよ」

確かに箱にはウィスキーの写真が載っている。
けど、中身はその隣のグラスだ。

「グラス?」
「そう!非売品のな!」

もう、20年以上前の出来事だ。
若き日頃、とあるコンビニオーナーと親しくなった。

「コンビニ?」
「うん、独身だったからさ・・・」

夕食は近くのコンビニでお弁当を買って帰る毎日だった。
そのせいでオーナーのおじさんと親しくなった。

「今思えば、親心だったのかな?」

帰りは、かろうじて“当日”だったことも珍しくなかった。
そんな僕を不憫に思っていたのかもしれない。

「もし、息子がいたら」
「あなたくらいの年齢?」

そう考えるのが自然だ。
いくら常連客とは言え、飲み屋さんではあるまいし・・・。

「で、ある日・・・」

非売品のグラスセットをもらった。

(No.1008-2へ続く)

| | | コメント (0)

[No.1007-2]揺れた心

No.1007-2

あれ以来、彼女との距離がグッと縮まったような気がする。
まぁ、僕の勘違いかもしれないが・・・。

「おはようございますぅ!」
「おはよう・・・」

挨拶も少し変わった気がする。
これも僕の勘違いかもしれないが。

「・・・なに?」
「ん?い、いや、おはよう!」

意味もなくもう一度、あいさつをしてしまった。

「じゃあ、また後で!」
「・・・と、いうほどの距離じゃないけどね」

あの日、二人だけが微かな揺れを感じた。
何らかの秘密を共有した・・・そんな気分になった。

「ほら、こっち見てないで仕事、仕事!」
「あぁ・・・だな」

つい彼女のことを考えてしまう。
まるで学生時代に戻った感じだ。

「・・・あれ?メールが届いてる」

送り主は彼女だ。
ついさっき送ったようだ。

「なぁ・・・」

そう言い掛けて、話しかけるのを止めた。
彼女の横顔が妙に照れているように見えたからだ。
S1007
(No.1007完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1007-1]揺れた心

No.1007-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「・・・ん?」

微かだが今、揺れた気がする。
そんな時、決まってキョロキョロするのが人間だ。

「あっ!」
「・・・えっ!」

少し離れた席に座っている女子社員と目が合った。

「だよね?」
「うん、多分」

彼女の方から声を掛けてきた。
もちろん、何を言いたいのかは分かっている。

「みんな気付いてない?」
「そうみたい」

彼女は単なる同僚だ。
比較的近くに席があってもさほど親しいわけでもない。

「ちょっと調べてみるね」

彼女がネットで地震速報を確認し始めた。

「・・・あったみたいね!」
「やっぱり!」

不思議とホッとする自分が居る。
勘違いの可能性もあったからだ。

「勘違いじゃなくて良かったぁ~!」

どうやら彼女も同じ心境だった。

(No.1007-2へ続く)

| | | コメント (0)

ホタル通信 No.444

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.569 土に還る
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:男性

最初に言っておくと、ラストの「今日、彼女は土に還った」は創作
であり、事実ではありません。でも、いずれそうなる日は来ます、
誰のもとにも。

土に還る・・・つまり、この小説で言う“死ぬ”がテーマにはなって
いますが、決して暗い話ではありません。
家庭菜園に関係した話はとても多く作っています。そこから得ら
れる教訓やとても小さな出来事は、まさに冬のホタル向きです。
つい最近も「No.1005 小さな世界」を発表しました。
さて、この小説は実際に“土に還る”と言う話題が出たことがきっ
かけになっています。もちろん、そこに悪意はなく、むしろ愛情を
感じられる一言でした。
でも、本当に不思議なんですよね、土をいじっていると、落ち着く
と言うか、そこに何かを感じずにはいられません。

設定的には、恋人同士の会話です。ラスト付近の「ありがとう!
あなたと一緒に・・・」のセリフが、逆プロポーズとも取れるでしょ
うね。これを機に結婚、そして月日が流れた・・・。
記憶は定かではありませんが、非常に作りやすかった小説で
した。自分的にはストレスなく書き進められた記憶があります。
小説を作ったというより、心の片隅にあった素直な気持ちを文字
にしたという感じでしょうか。

土に還る・・・自分で言うのも変ですが、とても心に響く言葉です。
小説を読み直し、昨日よりも少しやさしくなろう!と思う今日この
頃です。
T444
web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1006-2]読めないメモ

No.1006-2

「それなら、何か覚えてるでしょ?」
「それが・・・」

忘れないためにメモをとる。
でも、現実は忘れてもいいようにメモをとっている。

「一緒じゃないの?」
「いいや、後者は・・・」

メモに頼りすぎている面がある。
つまり、頭の中・・・記憶としては覚えていない。

「書いておけば安心!が裏目にでたのね」
「まぁ・・・そんな感じ」

気を取り直し、アレコレ考えてみる。
持って帰るもの・・・持って帰るもの・・・。

「・・・だめだ、思い出せないよ」

そもそも本当にそうなんだろうか?
メモと言うより、独り言を書いたとか・・・。

「そうね、何かのアイデアを書いたのかも?」
「無いとは言えないな」

そうなるともはや思い出すのは無理だろう。

「まぁ、生活に支障がないなら、それでもOKでしょ?」
「・・・そうだよな!」

後で響いてくる危険性はなくもない。
でも、どうせたいしたことないだろう・・・今はそう思うようにする。

「秋だから・・・」
「置き忘れた想い出を・・・なんて言わないでよね」

ロマンチストではないがそれも悪くない。

「とにかく、もう諦めるよ」
「そうね、ひょんなことから思い出すかもしれないし」

持って帰るもの・・・。
10年後、それが何か分かることになった。
S1006
(No.1006完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

[No.1006-1]読めないメモ

No.1006-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「あれ?何だっけな・・・」

あえて大袈裟に言ってみたい。
意味不明なメモほど役に立たないものはない。

「どうしたの?」
「いやぁ、手帳にメモしてあるんだけど」

それが何を意味しているか分からない。
分からないというより、思い出せないのが正解だろう。

「どこ?」
「ほら、ここに」

殴り書きで読めないわけではない。
文字としては余裕で判別できる。

「“持って帰る”って書いてあるね」
「何を?」

それが分からないから困っている。

「さすがに範囲が広すぎて」

せめて場所が書いてあれば大いにヒントになるのだが。

「おもしろくなって来たわね!」
「おいおい・・・」

明らかに目が輝いている。
いらぬ、スイッチを入れてしまったようだ。

「いつごろのメモなの?」
「そうか!確か・・・」

メモに日付は書いていない。
けど、何となく分かる。

「手帳は毎日開いてるから」
「2、3日前にはなかったはず」

そう考えると、ごく最近のメモということになる。

(No.1006-2へ続く)

| | | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »