« ホタル通信 No.441 | トップページ | [No.1001-2]トンボの恩返し »

[No.1001-1]トンボの恩返し

No.1001-1

登場人物
女性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「ん?」

どこかで、カサカサと乾いた音が聞こえる。
聞き覚えのある音だ。

「もしかして・・・」

あたりをキョロキョロ見渡す。
数名の乗客も、私と同じようにキョロキョロしていた。

「毎度のことだけど尊敬しちゃうわ~」

昨日の電車内での出来事を話した。

「そうかしら?」
「私じゃなくてもトンボくらい触れるんじゃない?」

友人が“無理”という表情を無言で伝えてきた。
よほど、ダメらしい。

「まぁ、行為自体は褒めてあげたいけどね」
「同じ命には変わりないから」

昨日、車内にトンボが紛れ込んでいた。
逃げ出せず、もがいている音があの乾いた音の正体だった。

「私の他にも乗客がいたんだけど」

皆、トンボの存在には気付いたようだった。
でも、それ以上のアクションはなかった。

「まぁ、みんな女性だったし」
「それはあなたもでしょ!」

だから、私が何とかしようと考えた。

「都合よく、降車駅も近づいてきたので」

さりげなくトンボを捕まえて、そのまま下車した。

(No.1001-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.441 | トップページ | [No.1001-2]トンボの恩返し »

(041)小説No.1001~1025」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホタル通信 No.441 | トップページ | [No.1001-2]トンボの恩返し »