« [No.1004-2]今ならわかる | トップページ | [No.1005-1]小さな世界 »

ホタル通信 No.443

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.584 白いスカーフ
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

読者に答えを求めるタイプの小説は少なくありません。今回の小
説もそのタイプです。

ただ、答えを求めるとは言うものの、一応、作者としても答えは用
意しています。そうしないとさすがに何でもアリのオチになってしま
うからです。
ただ、小説から読み取れるものもあれば、全く読み取れない場合
もあります。この小説は間違いなく後者です。
ですから、後日談と言いますか、舞台裏をキチンと説明する必要
ありますね。

舞台裏と言ってもさほど複雑でもなく、十分、予想できる内容です。
スカーフをしていたのは人ではなくネコで、もちろん、野良猫では
ありません。ただ、飼い猫にしてはちょっと・・・の雰囲気はありまし
たし、安っぽく言えば“スカーフのような布”でした。
ですから、スカーフに関しては少し誇張していると言えます。前半
人っぽい雰囲気で話を進める上での演出です。

前置きが長くなりましたが、そんなネコに出会い、いつものように
ナデナデしてたら、毛のひとつやふたつ、付着するでしょう。それ
を彼女に見破らていた・・・というのがオチです。
それに、スカーフをしていたのが人ではなく、ネコであると途中で
気付かれている設定です、ただ、これに関しても何の伏線も用意
していません・・・すみません。

私の小説にはよくネコが出てきます。
色んな意味で、まるで自分を見ているようで・・・今でも通勤途中
に彼らと戯れています。
T443
web拍手 by FC2

| |

« [No.1004-2]今ならわかる | トップページ | [No.1005-1]小さな世界 »

(117)通信No.426~450」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1004-2]今ならわかる | トップページ | [No.1005-1]小さな世界 »