« [No.1001-2]トンボの恩返し | トップページ | [No.1002-2]スピログラフ »

[No.1002-1]スピログラフ

No.1002-1

登場人物
男性=牽引役  女性=相手
-----------------------------
「う~ん・・・思い出せない!」
「何がだよ?」

さっきからひとりで何かを思い出そうとしている。
今の時代、そんな時は・・・アレに頼れば良い。

「ググれば?」
「ググろうにも手がかりが・・・」

とにかく話を聞いてみることにした。

「なんだよそれ?」
「小さい頃ね・・・」

子供の頃に遊んだ、おもちゃだと言う。
おもちゃとは言っても、文房具に近いらしい。

「文房具?」
「何て言えばいいのかな・・・」

彼女があたりをキョロキョロし始めた。
どうやら例えるものを探しているみたいだった。

「ちょっと、待って・・・」

そう言うと新聞紙をはさみで切り始めた。
出来上がったのは丸い円だった。

「この円のどこかに、小さな穴を開けて・・・」
「そこに、鉛筆の先っぽを刺す」

次に、円の真ん中を指で押さえる。

「でね、このまま、円を回転させると・・・」

早い話、コンパスと同じ原理だ。
綺麗ではないが、円が描かれる。

「これを踏まえてぇ!!」
「おいおい、ヒートアップしてるぞ」

伝わらないもどかしさが言葉に溢れ出ている。

(No.1002-2へ続く)

|

« [No.1001-2]トンボの恩返し | トップページ | [No.1002-2]スピログラフ »

(041)小説No.1001~1025」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1001-2]トンボの恩返し | トップページ | [No.1002-2]スピログラフ »