« [No.1002-2]スピログラフ | トップページ | [No.1003-1]まるで肩を寄せ合うように »

ホタル通信 No.442

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.598 風化
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

う~ん・・・何だか背景が分かり難い小説ですね。作者ですら少
し考え込んでしまいました。

ラスト付近に「言わば、2年という時が・・・」のセリフがあります。
これからすれば、2年前に何らかの出来事が起こっており、それ
が風化して今に至る・・・ということになります。
では風化したそれは何か・・・覚えているようで覚えていません。
実はこの小説、小説上の私や作者の経験談ではなく、他人の
経験を描いたものです。そのため、風化したものがなんなのか、
今一つはっきりしません。

そこで、小説の投稿日などを参考に記憶を辿って行くとようやく
ある事実を思い出した。これを踏まえて、この小説のあらすじを
書くとすればこうなります。
小説上の私は、大阪で働いている時に母を無くした。それもあっ
てか、故郷の札幌に戻り、新しい生活を始めた。それから2年の
月日が流れ、大阪時代に一緒に働いていた男性と再会する・・・
という感じでしょうか。
ちなみにその男性は今でも大阪で働いていますが、私と札幌で
も一緒に働いていたこともあり、再会という大袈裟な感じではな
く、彼が帰省した際にちょっと会ってみた・・・そんな軽い感じ
です。

振り返れば、こんなしっかりした話があったのに、覚えていない
とは・・・我ながら情けないです。
今一度、当時を思い出して、しっかりと読み返して行きますね。
T442
web拍手 by FC2

| |

« [No.1002-2]スピログラフ | トップページ | [No.1003-1]まるで肩を寄せ合うように »

(117)通信No.426~450」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1002-2]スピログラフ | トップページ | [No.1003-1]まるで肩を寄せ合うように »