« [No.1001-1]トンボの恩返し | トップページ | [No.1002-1]スピログラフ »

[No.1001-2]トンボの恩返し

No.1001-2

「でね、意外と大きかったのよね!これが」

秋によく見かけるアレよりも大きく感じた。

「そいつがさぁ、大きな目だまをクリクリさせちゃって」

私を見つめるかのように手の平にしがみついていた。

「あぁ・・・無理無理!」
「話だけでも、鳥肌もの!」

しばらくそのままで居ると、無事に大空に飛び立っていった。
もちろん、振り向きなどしない。

「気持ち悪いけどいい話ね!」
「あはは!」

別にちょっとしたヒーローを気取りたかったのではない。
私にとっては、ごく自然な行為だった。

「いつか恩返ししてくれるんじゃない?」
「トンボが?まさか!?」

動物なら多少期待も出来るが、さすがに昆虫は無理だ。
おとぎ話じゃあるまいし・・・。

「世の中、何が起こるか分からないわよ~」
「・・・というのは冗談で、ほんと暑いわね、今日も」

今日も昨日と同じ、雲ひとつない快晴だ。
それに暑さも厳しい。

「ほんと、嫌になっちゃうね!」
「全然、日陰もないし・・・」

私がそう言いながら、空を見上げた時だった。

「あれ、トンボじゃない?」

数匹のトンボが群れをなして、私の頭上を飛んでいる
まるで、日陰を作るかのように。
S1001
(No.1001完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ
ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.1001-1]トンボの恩返し | トップページ | [No.1002-1]スピログラフ »

(041)小説No.1001~1025」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [No.1001-1]トンボの恩返し | トップページ | [No.1002-1]スピログラフ »